• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料 予約開始!!
コグトレ 困っている子どもを支援する認知トレーニング
新学習指導要領への学びを深める
板書シリーズ最新版 新学習指導要領対応!
月刊特別支援教育研究
子どもと創る国語の授業
学校がもっとすきになる絵童話シリーズ
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
パターンブロック関連商品
楽々ナビゲーション
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE公式アカウント
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

春・夏・秋・冬 どうぶつえん

春・夏・秋・冬 どうぶつえん

定価 1,760円(税込)

この書籍を購入
カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 森 由民
出版年月 2018年10月
在庫 在庫あり
【春】お花見に興じるナマケモノ

*

【夏】水風呂に飛び込むトラ

*

【秋】恋してお尻を赤くするニホンザル

*

【冬】ネギで風邪予防するチンパンジー

*

こんな季節限定の動物たちの姿を知っていますか?

***

日本の動物園に暮らしている動物たちは、
私たちと同じ季節を生きています。
四季折々に見せる「季節限定の姿」を集めました。
絵本のようなイラストとともに楽しむ
“動物園版 歳時記”です。

どうしてそんな見た目になるの?
どうしてそんな行動をするの?
そんな「季節限定の姿」のギモンにも応えます!

動物園の楽しみがぐんぐん増える1冊です。



はじめに


1章 春のどうぶつえん
フタユビナマケモノ
ニホンジカ
ライオン
ニホンイシガメ
アサギマダラ
ヒツジ
アメリカビーバー
インドクジャク
ベニイロフラミンゴ
ミナミコアリクイ
ジャイアントパンダ

[コラム]動物が動物園に来るまで
[コラム]動物園が閉まったあと、動物は何をしているの?


2章 夏のどうぶつえん
ハシビロコウ
レッサーパンダ
ホッキョクグマ
フェネック
シロイワヤギ
フンボルトペンギン
アジアゾウ
トラ
ニシゴリラ
カリガネ
カバ
アカカンガルー
シロサイ
サバンナシマウマ
コツメカワウソ

[コラム]雨の動物園
[コラム]動物たちは何を食べているの?


3章 秋のどうぶつえん
ニホンザル
ニホンリス
トウホクノウサギ
アカカンガルー
シロイワヤギ
ヒメウォンバット
ホンドフクロウ
ワオキツネザル
コアラ

[コラム]お年寄り動物のためにできること
[コラム]動物が病気になったらどうするの?


4章 冬のどうぶつえん
トキ
カピバラ
チンパンジー
ニホンヤマネ
ミシシッピワニ
アミメキリン
動物たちのあしあと
オランウータン
ジャイアントパンダ
プレーリードッグ
トナカイ
モルモット
ニホンザル
クロサイ
フタコブラクダ
オオカミ

[コラム]動物のためになるトレーニング
[コラム]動物園で働くためにはどうすればいいの?


主な日本の動物園
さくいん

【秋】ニホンザル


恋の季節を迎え

顔とお尻が赤く色づく


 ニホンザルは秋の始まりとともに恋の季節を迎えます。この時期、元々赤い顔やお尻がさらに赤らんで真っ赤になります。かれらの顔やお尻が赤いのは、薄い皮ふを通して血の色が透けて見えるからですが、子どものころはピンク色で、おとなになるにつれて色が濃くなっていきます。この変化にはホルモンの働きが関わっていて、秋にはとりわけ赤く色づきます。つまり、ニホンザルは顔やお尻の色で子どもをつくる準備ができていることを伝え合うのです。

 ほとんどの哺乳類の目は、見分ける細胞が2種類しかなく、私たちヒトより色を見分けるのが苦手です。しかし、アジアとアフリカのサルの仲間は、ヒトと同様に色を見分ける細胞が3種類あり、より細かな色覚を持ちます。ニホンザルの恋に色が影響しているのも、色を見分ける能力が優れているからです。

 恋したオスは、尾や胸を反り返らせたり肩を怒らせたり、時には低い姿勢で唇をぱくぱくさせます。これらはすべて恋のかけひきの一部です。メスにアプローチして気に入られようとしているのです。秋はふだんほとんど交流がないオスとメスが、互いに接近するようすが見られる季節です。




【冬】チンパンジー


大好きなネギをかじって風邪予防


 冬の陽だまり。のんびり座ったり、緩く握った手をついた独特の姿で歩いたり、あるいはお得意の枝渡りでロープを伝ったり、チンパンジーたちはそれぞれにくつろいでいます。しかし、かれらが手に、時には足にしているものはちょっと変わっています。ネギ、ネギ、ネギ……。

 日本の冬はアフリカよりもずっと寒いため、チンパンジーも風邪をひくことがあります。動物園では、暖房や栄養など、かれらの風邪予防に心を配っていますが、ネギもそのひとつです。私たちでもネギは体を温めるとか、喉によいとか、言われていますが、ならばヒトに近いチンパンジーにもよいだろうという発想です。なによりもチンパンジー自身が、ネギが大好きなのです。

 野生のチンパンジーはイチジク類など、甘い果実のほかにしばしばショウガ類などの刺激性の強いものも食べます。私たちの感覚ではショウガをちょっぴり薬味にすることはあっても、直接もぐもぐ食べるなんて辛くないのかなと思ってしまいますが、類人猿のなかでもヒトにもっとも近いDNAを持つ、いわば森にとどまった“進化のイトコ”たちは、私たちと味覚も少々ちがうようです。

登録情報

読者レビュー

他の本を探している時に、たまたま目に入ったのですが、探していた本そっちのけで絶対買おう!!と思いました。中の絵も全てかわいいです!!
(2018/11/21 40代 女性)
イラストもとてもキレイなのに加えて、文章も有るので入院中の勉強になりそうです。(小5の息子が読みます)
(2018/12/3 30代 女性)
第一印象でさし絵がかわいらしくて、手にしました。内容も面白そうで、動物たちの事をよく観察していて、大切にしている様子に心温まりました。動物園の在り方について、私たち人間にも通じる点があるだろうと考えさせられています。
(2019/1/22 50代 女性)