• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

できる教師のTODO 仕事術

たった1冊のメモからできる働き方改革

できる教師のTODO 仕事術

本書は、教師の仕事の生産性を上げるため、TODOリストを教師の仕事どのように落とし込み、活用していくかその具体例を掲載。「ロジックツリー」「見える化」「単語登録」「チェックボックス」など、TODOリストを使うことでどのように仕事が変わるのかが分かる!また、「Sticky Notes」活用法が掲載されているので、PCでのTODO活用法なども簡単解説!!

定価 1,998円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 栗田 正行
出版年月 2019年03月
在庫 在庫あり
たった1冊のメモからできる働き方改革!
TODOリストを使って仕事の優先順位を明確にしよう!


■TODO仕事術のメリット■
❶仕事の段取りが速くなる!
❷スモールステップで段階的に進められる!
❸仕事を逆算思考で考えられる!
❹仕事の問題点を発見できる!

本書は、教師の仕事の生産性を上げるため、TODOリストを教師の仕事どのように落とし込み、活用していくかその具体例を掲載。「ロジックツリー」「見える化」「単語登録」「チェックボックス」など、TODOリストを使うことでどのように仕事が変わるのかが分かる!また、「Sticky Notes」活用法が掲載されているので、PCでのTODO活用法なども簡単解説!!

【本書の構成】
第1章 あなたの仕事が終わらない「4つの理由」

あなたの仕事が終わらないのには「理由」がある
理由❶「仕事の『目的』を把握していない」
理由❷「『具体的なTODO』がわかっていない」
理由❸「TODOをこなす『スピードが遅い』」
理由❹「そもそもTODOが『多すぎる』」

COLUMN 1 行動できる先生・できない先生


第2章 仕事の「目的」を把握する

すぐ取りかかる前に、仕事の「目的」を考えてみる
シンプルに考えるべき「2つのこと」
「相手が求めているモノ」は何かを考える
仕事の目的に集中するための「5つの考え方」

COLUMN 2 「仕組み化」できる先生の7つの考え方


第3章 TODOを「見える化」する

まず、「見える化」から取り組むべき理由
「書き出す」だけで落ち着くという事実
やるべきことを「ロジックツリー」で洗い出す
栗田流 2つのTODOリスト
デイリーTODOリストの書き方・使い方
シーズンTODOリストの書き方・使い方

COLUMN 3 栗田の「TODOメモ」の変遷


第4章 TODOの「処理速度」を上げる

TODOリストを「更新する」
あなたの処理速度を上げる「5つの方法」
仕事の処理速度を上げるために「3つのしないこと」

COLUMN 4 私の仕事を速くした「本」当の理由


第5章 TODOを減らし、「生産性」を上げる

仕事のスピードを上げる「究極の方法」
その仕事をする上で考えたい「3つの質問」
生産性を上げるために意識したい「3つのNOT TODO」

COLUMN 5 私がTODOリストに出合って「変わったこと」


栗田正行 著
Kurita masayuki

1976年、千葉県生まれ。一度は憧れに教員になるも理想と現実とのギャップに耐えられず退職。飲食業を経て、塾講師へ転身。教室責任者として、授業スキルだけでなく、社会人としての考え方、効率的な働き方、子どもから大人まで対応できる幅広いコミュニケーションスキルを徹底的に学ぶ。その経験をもとに、今一度教職を選んで現在に至る。書籍や連載の執筆に加え、講演や校内研修の講師としても活躍中。講演内容はいずれも実務に即し、再現性があるため、参加者の満足度は高い。主な著作は『わかる「板書」伝わる「話し方」』『効率が10倍アップする!「時間」を生み出す教師の習慣』『図解 できる先生の勉強法 できる先生の人脈術』『「発問」する技術』『できる教師のPDCA思考』(東洋館出版社)、『9割の先生が知らない! すごい話し方50のルール』『9割の先生が知らない! すごい板書術』『仕事が早い教師の「絶対にやらない習慣」』(学陽書房)、『子どもの学力は「ふせんノート」で伸びる』(かんき出版)など多数。連続更新2000日を突破した「マロン先生の奮闘日記ブログ」(http://ameblo.jp/masayukikurita831/)では、教育だけに限らない幅広い内容をアウトプットしている。
第1章 あなたの仕事が終わらない「4つの理由」

あなたの仕事が終わらないのには「理由」がある
理由❶「仕事の『目的』を把握していない」
理由❷「『具体的なTODO』がわかっていない」
理由❸「TODOをこなす『スピードが遅い』」
理由❹「そもそもTODOが『多すぎる』」

COLUMN 1 行動できる先生・できない先生


第2章 仕事の「目的」を把握する

すぐ取りかかる前に、仕事の「目的」を考えてみる
シンプルに考えるべき「2つのこと」
「相手が求めているモノ」は何かを考える
仕事の目的に集中するための「5つの考え方」

COLUMN 2 「仕組み化」できる先生の7つの考え方


第3章 TODOを「見える化」する

まず、「見える化」から取り組むべき理由
「書き出す」だけで落ち着くという事実
やるべきことを「ロジックツリー」で洗い出す
栗田流 2つのTODOリスト
デイリーTODOリストの書き方・使い方
シーズンTODOリストの書き方・使い方

COLUMN 3 栗田の「TODOメモ」の変遷


第4章 TODOの「処理速度」を上げる

TODOリストを「更新する」
あなたの処理速度を上げる「5つの方法」
仕事の処理速度を上げるために「3つのしないこと」

COLUMN 4 私の仕事を速くした「本」当の理由


第5章 TODOを減らし、「生産性」を上げる

仕事のスピードを上げる「究極の方法」
その仕事をする上で考えたい「3つの質問」
生産性を上げるために意識したい「3つのNOT TODO」

COLUMN 5 私がTODOリストに出合って「変わったこと」

登録情報