• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

子どもが変わる授業

算数の先生が教える授業づくりの秘訣

子どもが変わる授業
>中身を確認<立ち読みする

「授業で教師がどのように接すれば、子どもが動きたくなってくれるのか」「どんな考え方で授業をつくれば、子どもがおもしろいと思う授業ができるのか」発問、板書・ノート指導、宿題の出し方etc.田中博史先生が本当に大切にしている授業づくりの秘訣を大公開!

定価 1,836円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 田中 博史
出版年月 2015年02月
在庫 在庫あり
子どもが変わる授業 もくじ

  はじめに 1

第1章 変化は「少しだけ」のほうがいい
  ――「子ども」が変わる

 子どもをやる気にさせたいときの落とし穴 14 
 「苦手な問題は全体の2割」が頑張りたくなるコツ 19
 子どもの二通りの動きにどう対応する? 22
 いったん最後まで自分の力でやり切る 27
 ノート指導では「5ページ目まで」目を離さない 31
 「困った状況に置かれた後」のすごい集中力 35
 自分で解きたいという「気持ち」を育てる 38
 一度、達成感を味わった子どもは…… 42
 一日一つ、子どもが自分で質問を考える 45

第2章 だから、子どもが動きたくなる
  ――「クラス」が変わる

 授業中の子どもは、どんな気持ち? 50
 まずは、クラスの雰囲気をほぐすことから 54
 話し合いは4人組からスタートする 58
 発表者を1人に限定する必要はない 62
 「物理的な距離」が子どもに与えるこんな影響 66
 4人の班の机の並べ方――安心感があって黒板も見やすいT字型 71
 子ども同士のリンク機能を育てる 74

第3章 「何のために」を考えてみると……
  ――「授業」が変わる

 子どもの素直さを取り戻す授業 78
 問題場面を頭の中でイメージする 83
 1分以内でクラス全員のノートを見て回る 86
 子どもが自然に思考できる環境をつくる 89
 教師が「反射鏡」になって子どもの発表を聞く 92
 「誰がわかっていないのか」を知るこんな方法 96
 そのとき、教科書を閉じる? 開く? 99
 板書のタイミングに悩む私 102
 「何のために」板書をするのか 106
 子どものノートを育てる20分授業 110

第4章 子どもが楽しいのはどんなとき?
  ――「活動」が変わる

 身近な教材だから、子どもが素直に考える 114
 九九遊び――アンラッキーナンバーを言ったらアウト 118
 かけ算九九の練習が楽しみになる3つの工夫 122
 「レーダー作戦ゲーム」―漢字だって楽しく覚える 127
 計算練習も漢字練習も、一人よりも二人でやるとおもしろい 129
 子どもたちが自然に目を合わせることを楽しむ遊び 131
 遊びの中にもちょっと算数を 133
 カルピスのラベルで算数!? 135

第5章 あえて「逆のこと」を試してみる
  ――「教師」が変わる

 「子どもってすごい!」と感じた授業 138
 「先がわからない」からこそ感動が生まれる 142
 子どもと一緒に「考える」、教師の姿を見せるには 149
 自分の授業の中から好きなシーンを探してみる 153
 「一人を続けて見てみる」と…… 156
 子どもの世界に近づくときに大切なこと 161
 あえて他のクラスの子どもを観察してみると…… 165


 おわりに 168

登録情報