• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料 予約開始!!
コグトレ 困っている子どもを支援する認知トレーニング
新学習指導要領への学びを深める
板書シリーズ最新版 新学習指導要領対応!
月刊特別支援教育研究
子どもと創る国語の授業
保育パーフェクトダイアリー2021
学校がもっとすきになる絵童話シリーズ
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
パターンブロック関連商品
楽々ナビゲーション
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE公式アカウント
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

教師の授業技術大全

教師の授業技術大全

定価 2,200円(税込)

予約する
※新刊出来次第出荷
送料無料
著者 三好 真史
出版年月 2021年02月
在庫 未刊・予約受付中

授業技術を、思いのままに使いこなす!

【技能期・習熟期・活用期・探究期】
4つのステップで、子どもの学力は確実に伸びる!
授業づくりの決定版!!

本書では、これまで一括して整理されることのなかった「授業技術」についてまとめています。
いってみれば、授業技術を集めたカタログのような書籍です。

一般的に、学習単元は「習得」「活用」「探究」の3つに分けられています。
本書では、より知識・技能の定着を図るべく、「習得」を「技能期」と「習熟期」の2つに
分けています。すなわち、技能期・習熟期・活用期・探究期の4つのステップで構成されています。


<ケーススタディ> 技能期①導入

授業の導入は「しかけ」とも呼ばれます。
子ども達が学びに向かうために、それを学びたいと思うかどうか、
そのきっかけを与えてくれるのが導入なのです。
例えば、読み聞かせ、ワークショップ、体験会、クイズ、人形劇、
映画鑑賞、絵・写真、映像…





その他に、
落語、漫談、エピソード・実物・実演・紙芝居・プレゼンテーション・
ポスター・フラッシュカード・おもしろい問題文・欠けた文章・手紙・電話
・音声・復習問題・小テスト・名言・詩の紹介・歌・パフォーマンス・あそび
・パペットの間違い・理想的な見本・指令つき顔写真・めあての書きかけ・めあてを考える

などを、すべてイラストで紹介しています。

授業を構想する際に、本書を手元に置き、どういった展開・技法があるかをチェックできます。


さらに、
音読、発問、グループ学習、対話、指名、板書、練習問題、ふりかえり・・・・、
教師として重要な技法を完全網羅しています。


授業技術は方法に過ぎません。しかしながら、より多くの授業技術を知っていることで「気
になるあの子」を救う手立てとなるかもしれません。

本書を、「教育技術の道具箱」のような存在として使用してください。
道具箱から必要な工具を持ち出して、新たな知との出会いを創出しましょう。

授業には、子どもの人生を、そして社会をも変える力があるのです。
「知のクリエイター」として、子どもが目を輝かせる授業を作りましょう!

第1章 これからの授業づくり
・よい授業が子どもを育てる
・授業のレベルを高めるためには
・授業をするとは
・授業ができるとは
・これからの社会と授業づくり
・変わりつつある受験問題
・習得の8原則
・これからの授業づくり「技能期」「習熟期」「活用期」「探究期」
・教師のありかた
<コラム>

第2章  技能期の授業づくり
・技能期とは

➀導入:
読み聞かせ・ワークショップ・体験会・クイズ・映画鑑賞・人形劇・絵、写真・映像
落語、漫談、エピソード・実物・実演・紙芝居・プレゼンテーション・
ポスター・フラッシュカード・おもしろい問題文・欠けた文章・手紙・電話
・音声・復習問題・小テスト・名言・詩の紹介・歌・パフォーマンス・あそび
・パペットの間違い・理想的な見本・指令つき顔写真・めあての書きかけ・めあてを考える
➁音読:
全員読み・追い読み・順番読み・指名なし音読・一文交代読み(先生と子ども)・
一文交代読み(子ども半々)・一文交代読み(号車こどに)・たけのこ読み
・ペアたけのこ読み・一人読み・ものまね読み・動作読み・歩行読み
・表現読み・全力読み・お手伝い暗唱
➂発問:
一問一答・一問多答・数珠つなぎ・仮定・発見・問い返し発問・切り返し発問・二項対立・
➃グループ学習と座席位置:
ペア(横向き、対面)・●号車(長方形・I型)・班(四角形、風車、T時、コの字型)
全体(前向き、教室対面型、コの字型)・椅子だけ(円形座席、発表座席)
➄対話:
ペア対話・ペア討論・グループ対話・グループ討論・立ち歩き対話
・お見合い方式・ノート鑑賞タイム・4すみ発表
➅指名、発表:
挙手指名・意図指名・列指名・くじ指名・相互指名・指名なし発表
・班代表発表・日付指名
➆説明:
失敗例・理想像・対比・スローモーション・図、グラフ・確認・サンドイッチ
・ナンバリング・実演解説・比喩・指さし説明・ジェスチャー説明・間をあける
・ヒソヒソ声・大きな声・まとめなおし
➇板書:
問題解決学習ベーシック・両面・対比・種類別・箇条書き・ふきだし
・ベン図・三角形・輪・スケーリング・マインドマップ・クラゲチャート
➈練習問題
三問チェック・10分間練習問題・自分問題・友達問題追加方式・友達問題相互方式
➉ふりかえり
文章化・点数化・表情・色表現
⑪思考ツール
XYWチャート・ステップチャート・クラゲチャート
・ピラミッドチャート・マインドマップ・ベン図
<コラム>

第3章 習熟の授業づくり
・習熟期とは
➀マグネット学習
個人マグネット・段階別マグネット・班マグネット・班段階マグネット・
➁帽子学習
個人帽子・段階帽子・班帽子・班段階帽子・
➂追究学習
個人追究学習・班追究学習・後方黒板で解答確認・教科書問題再チャレンジ
➃習熟度別学習
速度別学習・難易度別学習・課題別学習・めあて別学習
➄小テスト×自習
個人テスト学習・班先生テスト学習・班小テスト学習・完全テスト学習・
➅個別の支援
赤鉛筆で書く・具体物をみせる・図解してみせる・一緒に取り組む
・先にやってみせる・途中までやる・問題を少なくする・表を渡す
・ヒントカードを与える・問いかける・花丸・コメント
<コラム>

第3章 活用期の授業づくり
・活用期とは
・国語の活用学習
・算数の活用学習
・理科の活用学習
・社会の活用学習
・外国語の活用学習
・音楽の活用学習
・図工の活用学習
・家庭科の活用学習
・体育の活用学習
➀既有知識・技能の想起
・簡易な問題の解決・問題文への書き込み・カルタ・先行研究の調査
➁解決・創作・実践
・三段思考・ジグソー法・特派員法・発表作品の制作・
➂発表
・学級発表・グループ相互発表・グループ内発表・クラス外への発表・
➃討論
•議題の決定 
(情報提供)
(多様発問)
•話し合い
(それぞれの立場を確認する)
(少数派が意見を述べる)
(多数派が意見を述べる)
(自由に意見を交わし合う)
(教師がまとめる)
(話し合いの感想を書く)
➄自己評価・相互評価
・相互評価・評価の分類・自己評価(点数)・自己評価(文章)
<コラム>

第4章 探究期の授業づくり
・探究期とは
➀テーマ設定
・調査探求型カリキュラム・総合評価型・社会参加型・企画実践型
・共同交流型・自己形成型

➁課題設定
・ブレーンストーミング(時間、空間、違和感)・分類
②計画
・目標設定・計画立案
③情報収集
・図書調べ・資料集・プリント資料・インターネット・動画・インタビュー
・アンケート調査・図書館・他校との実践交流・校外学習・
④整理分析(一時間程度)
・KJ法(整理・分析)・ポジショニングマップ
⑤まとめ・表現(3~5時間)
・プレゼンテーション・新聞・ポスター・発表の工夫(ペープサート・人形劇・フリップ・演劇)
⑥評価(1時間程度)
・相互評価・自己評価

第5章 評価と評定
・評価と評定とは
➀知識・技能の評価
・ペーパーテスト・パフォーマンス評価
➁思考・判断・表現の評価
ペーパーテスト・ルーブリック評価
➂主体的に学習に取り組む態度の評価
➃個人内評価
<コラム>

・おわりに

登録情報