• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

中学校 国語授業づくりの基礎・基本

学びに向かう力を育む環境づくり

中学校 国語授業づくりの基礎・基本

定価 2,160円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 日本国語教育学会
安居 總子 編著
甲斐 利恵子 編著
出版年月 2018年08月
在庫 在庫あり

雑誌最新号

日本国語教育学会 監修 「シリーズ国語授業づくり」小学校編に続き、中学校編も刊行!!
中学校国語科の授業づくりの入門からステップアップまで
日本国語教育学会が総力を挙げて
国語授業づくりの基礎・基本を解説します

平成29年版学習指導要領が告示され、教育に関する新たなキーワードが注目を浴びています。
「主体的・対話的で深い学び」、「資質・能力の育成」、「学びに向かう力、人間性等」  
このように時代に即して柔軟に変化していかなければならない部分がある一方、時代に左右されない教育の在り方もあります。

本書では、平成29年版学習指導要領を踏まえつつ、国語科授業づくりに必要な基礎・基本に関わる理論や教師が身につけるべき技術を紹介しています。
Ⅰ章では、「国語教師のプロフェッショナリズム」を軸に、授業づくりに必要な理論を紹介しています。
Ⅱ章では、Q&A方式で、中学校国語教師が多く抱く疑問に対して、その解決策を提案します。

信頼のおける執筆者陣が、豊富な知識と経験のもと、国語授業づくりにおける基礎・基本をまとめあげました。
授業づくりの基礎・基本を学びたい人、基礎・基本を踏まえた上でステップアップを図りたい人におすすめの1冊です。
シリーズ国語授業づくり 中学校 国語授業づくりの基礎・基本
もくじ

まえがき

Ⅰ章 国語教師のプロフェッショナリズム
   はじめに
 1 国語教師の仕事ー中学校国語教師のプロフェッショナリズムー
 2 授業づくり1ー授業の構想・設計(組織化)ー
 3 授業づくり2ー授業運用技術と国語学習室づくりー
 4 国語教師像ー備えるべき格ー

Ⅱ章 国語授業づくりの基礎・基本
 1 国語教室運営に関するQ&A
  Q1〈国語教師とは〉国語教師として基本的にどのような心構えが必要でしょうか?
  Q2〈教師の言葉〉生徒を取り巻く言語環境をどのように整備したらよいでしょうか?
  Q3〈板書〉板書の効果的な使い方はどのようなものでしょうか?
  Q4〈授業開き〉授業開きはどのようなものでしょうか?
  Q5〈国語教室通信〉国語教室通信とはどのようなものでしょうか?
  Q6〈国語辞典〉国語辞典を使わせたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
  Q7〈学校図書館〉国語の学習と図書館の読書活動を連携させるにはどうしたらいいでしょうか?
 2 授業づくりの工夫に関するQ&A
  Q1〈聞くことの指導〉聞くことの学習はどのように積み重ねたらいいのでしょうか?
  Q2〈インタビュー〉主体的な聞き手になるインタビューはどのようにしたらいいでしょうか?
  Q3〈情報収集〉取材や情報収集をどのようにさせたらいいでしょうか?
  Q4〈学習の手引き〉学習の手引きはどのようにつくったらいいでしょうか?
  Q5〈グループ学習〉グループ学習の指導はどのようなことに留意したらいいでしょうか?
  Q6〈交流・学び合い〉⑴どのようにしたら交流や学び合いをつくり出すことができますか?
             ⑵交流をねらいとした言語活動にはどのようなものがありますか?
              また、どのようなことを留意すべきでしょうか?
  Q7〈手控え〉手控えとはどのようなものですか?
  Q8〈問いを立てる〉生徒は問いを立てることができるにはどうしたらいいでしょうか?
  Q9〈ノートづくり・自主学習と評価〉生徒はノートづくりをするためにはどんな指導が必要でしょうか?
  Q10〈単元づくり〉単元の始まりや締めくくりにはどのような工夫をしたらいいでしょうか?
  Q11〈机間指導〉授業中、子どもの様子をどのように見て、机間指導などどのようにしたらいいでしょうか?
  Q12〈言語活動〉国語科の授業を活性化するためには、どのような言語活動の工夫がありますか?
  Q13〈テスト・評価〉テストはどのようにつくったらいいのでしょうか?
 3 学びを広げるためのQ&A
  Q1〈年間計画〉年間計画を立てる際に考えなければならないことはどんなことでしょうか?
  Q2〈カリキュラム・マネジメント〉学びを広げる工夫としてどのような単元づくりをしたらいいでしょうか?
  Q3〈ICTの活用〉国語の授業のどんな場面でICT機器を活用できますか?
 4 教師の成長に関するQ&A
  Q1〈言語生活者としての教師〉教師としてどんな言語生活者であるべきでしょうか?
  Q2〈国語教師力〉国語教師力を高めたいのですがどのような方法がありますか?

登録情報