• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

あまんきみこと教科書作品を語らう

あまんきみこと教科書作品を語らう

昭和46(1971)年から「白いぼうし」「小さなお客さん」などの作品が小学校国語教科書に掲載され、長く子どもたちに愛され夢中にさせてきた、あまんきみこ作品の魅力にふれることができるインタビュー本。第1章では、あまんきみこの幼少期から創作を始めるまでの思い出を振り返る。第2章では、教科書作品に焦点をあて、あまんきみこのもとに届いた子どもたちからの手紙や授業での子どもたちの様子を語らう。

定価 1,728円(税込)

予約する
※新刊出来次第出荷
送料無料
著者 あまん きみこ
長崎 伸仁
中洌 正堯
出版年月 2019年07月
在庫 未刊・予約受付中
「子どもたちが自分なりにいろいろ考えて想像をふくらませてくれたら、それはとてもうれしいことなのです」  「第2章 教科書作品を語らう」より

昭和46(1971)年から現在に至るまで、小学校国語科の教科書にいくつもの作品が掲載されている童話作家・あまんきみこ。
長年、教室で多くの子どもに読まれ、子どもたちを夢中にさせた、あまんきみこ作品の魅力にふれることができるインタビュー本。(聞き手:中洌正堯(兵庫教育大学名誉教授)、長崎伸仁(元・創価大学大学院教職研究科教授))

あまんきみこの幼少期から創作を始めるまでの思い出や、あまんきみこのもとに届いた子どもたちからの手紙や授業での子どもたちの様子を語らう。

子ども時代からいままで
●家族がしてくれた思い出のおはなしの数々
 「私、夜、ひとりでトイレに行けなかったんです」
 「まるで「モチモチの木」のようですね(笑)」
●「事実」と「真実」の関係を教えてくれた、恩師との出会い
 「言葉そのものの力で感動した最初の経験でした」
●大学時代の学び
 「勉強するにつれてお話が大好きになり、「童話の世界に恋をした」という感じでした」
●初めて教科書に作品が載ったときのこと
 「はじめて子どもさんたちからお手紙をいただいて
  どきどきしたときのことはよく覚えています」

作品を通した子どもたちとのふれあい
●「夕日のしずく」のきりんとあり
 「視点の違いを、いろいろな意味で意識しています」
●不思議な生まれ方をした「きつねのおきゃくさま」
 「これは完成できないかな、と思っていたら、
  「むかし、むかし、あったとさ」という言葉がふわっと出てきたんです」
●本当はちいちゃんは生きるはずだった
 「ちいちゃんが亡くなってしまうストーリーに向き合うことにしました」
●子どもから贈られた、たくさんの手紙
 「子どもたちが楽しく、自分の人生の中で文学を読んでくれたらいいな、と思います」

もくじ

まえがき

第1章 物語が生まれるまで
 物語との出会い
 戦争で感じてきたこと
 想像力の喜び
 気づかずにいただいているもの
 教科書を通じて、子どもたちと

第2章 教科書作品を語らう
    ―文学の世界に遊ぶ―
 空の色は、わたしにとっての絵本だった――
 「わたしのかさはそらのいろ」
 子どもと同じ目線で見えてくる景色
 「夕日のしずく」
 頭の中に下りてきた「とっぴんぱらりのぷう」
 「きつねのおきゃくさま」
 一番はじめの大事なプレゼント
 「名前を見てちょうだい」
 本当はちいちゃんは生きるはずだった
 「ちいちゃんのかげおくり」
 鬼に生まれることの哀しみ
 「おにたのぼうし」
 時代が生んだ、松井さんのいる世界
 「白いぼうし」

あとがき

登録情報