• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
キャッシュレス還元についてのお知らせ
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
保育パーフェクトダイアリー2020
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

国語授業イノベーションシリーズ 「一瞬」で読みが深まる「もしも発問」の国語授業

国語授業イノベーションシリーズ 「一瞬」で読みが深まる「もしも発問」の国語授業

「もしも、題名が「一輪の花」だったとしたら?」「もしも、「はじめ」と「おわり」の段落がなかったとしたら?」「もしも、「もくずしょい」が最初に出てきたとしたら?」――「もしも発問」で、子どもの学びが大きく変わる!

定価 2,200円(税込)

予約する
※新刊出来次第出荷
送料無料
著者 髙橋 達哉
出版年月 2020年03月
在庫 未刊・予約受付中
もしも、題名が「一輪の花」だったとしたら?
もしも、「はじめ」と「おわり」の段落がなかったとしたら?
もしも、「もくずしょい」が最初に出てきたとしたら?
  「もしも発問」で、子どもの学びが大きく変わる!


「もしも発問」で、子どもが自然と学びだす

○今日の授業で、子どもにどのような力が付いたのかはっきりしない
○教師が教えたいことを押し付けた授業になってしまっている気がする
○内容理解以外の、表現技法などをうまく扱うことができない

国語の授業で、このような悩みを抱いたことがある人は少なくないでしょう。
力を付けることを重視すると、どうしても一方向的な教え込みや解説型の授業になってしまったり、子どもの興味・関心を重視すると、教えたい内容から離れてしまったりすることがあります。
子どもにどんな本でも読みこなせる力を付けつつ、自ら進んで学ばせるようにするのは、なかなか難しいことです。

そのような課題を解決すべく、本書では「もしも発問」による授業づくりをまとめました。
「もしも発問」を取り入れることで、指導したい内容をしっかりと教えながら、子どもが自然と学びだす授業にすることができるのです。

「もしも発問」とは?

本書で紹介する「もしも発問」とは、
「もしも、……だったら?」と、実際の文章とは異なる場合を「仮定する」発問
のことです。

「もしも発問」は、教師が教えたいことを子どもの学びたいことにすることができる発問方法です。

例えば、子どもが自分では着目しにくい「はじめ」「中」「おわり」の文章構成を教えたいとき、
「最初と最後の段落は、なぜあるのでしょうか」と発問したり、
「それぞれ『はじめ』『中』『おわり』と言います」と解説したりしてしまいがちです。
しかし、「もしも発問」では、
「もしも、最初と最後の段落がなかったとしたら?」と「ある」ものを「ない」として仮定し、子どもに気付きをもたせるように仕向けます。
このように問うことで、子どもは文章全体について検討する必要に迫られ、自ら新たな学びを発見する機会をつくることができるのです。
「仮定する」という方法は、一見、遠回りをする手立てに見えますが、実は子どもの達成感や学びがいの実感につなげるのに効果的な方法なのです。

「もしも発問」は、5つの方法に分類することができます。
①「ある」ものを「ない」と仮定する方法
 (もしも、○○がなかったとしたら?)
②「ない」ものを「ある」と仮定する方法
 (もしも、○○があったとしたら?)
③別の場合を仮定する方法
 (もしも、○○が◇◇だったとしたら?)
④入れ替えを仮定する方法
 (もしも、○○と◇◇が入れ替わっていたとしたら?)
⑤解釈を仮定する方法
 (もしも、○○と考えたとしたら?)
それぞれの方法を理解し、使い分けることで、「もしも発問」の威力は増すのです。


「もしも発問」で明日の授業が変わる

「もしも発問」を取り入れると、子どもの学びが大きく変わります。
本書では、明日の授業ですぐに取り入れ、その効果を実感していただけるように、多くの実践事例を示しています。


本書では、令和2年版の国語教科書に即し36教材を用いて、具体的な「もしも発問」の取り入れ方と、「もしも発問」を生かした授業展開を紹介しています。


また、付録として、1学年12発問・計72発問の「もしも発問」を掲載しています。

明日の授業で使える「もしも発問」に出合えるよう、また効果的に取り入れていただけるよう、理論から具体の実践まで丁寧に一冊に収めました。
ぜひ、本書の内容を活用し、明日の授業で「もしも発問」を取り入れてみてください。
子どもが自然に学びだす空気を感じることができるはずです。
もくじ

刊行によせて
はじめに

第1章 「もしも発問」で「読むこと」の授業はこう変わる!
 1 国語科授業の課題
 2 教師が教えたいことを、子どもが学びたいことへ
 3 「もしも発問」とは?
 4 「もしも発問」の特長
 5 「もしも発問」の五つの方法

第2章 「もしも発問」の授業づくり
 1年
  やくそく
  くじらぐも
  たぬきの糸車
  くちばし
  うみのかくれんぼ
  じどう車くらべ
 2年
  スイミー
  お手紙
  わたしはおねえさん
  たんぽぽのちえ
  馬のおもちゃの作り方
  おにごっこ
 3年
  まいごのかぎ
  ちいちゃんのかげおくり
  モチモチの木
  こまを楽しむ
  すがたをかえる大豆
  ありの行列
 4年
  一つの花
  ごんぎつね
  プラタナスの木
  思いやりのデザイン
  アップとルーズで伝える
  ウナギのなぞを追って
 5年
  なまえつけてよ
  たずねびと
  大造じいさんとガン
  言葉の意味が分かること
  固有種が教えてくれること
  想像力のスイッチを入れよう
 6年
  帰り道
  やまなし
  海の命
  時計の時間と心の時間
  『鳥獣戯画』を読む
  メディアと人間社会

付録 「もしも発問」アイデア72

おわりに
参考文献一覧

登録情報