• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

改訂新版 講座 算数授業の新展開 第4学年 4

改訂新版 講座 算数授業の新展開 第4学年

平成29年小学校学習指導要領 対応! 総勢208名の算数のプロたちによる理論と実践がついに刊行! 新しい授業に必要なこととは。新領域にどう対応するのか。資質・能力、数学的な見方・考え方、主体的・対話的で深い学びを盛り込んだ実践事例20本! 4年生の算数を丸ごと解説します!

定価 2,916円(税込)

予約する
※新刊出来次第出荷
送料無料
著者 新算数教育研究会 編著
出版年月 2019年06月
在庫 未刊・予約受付中

お待たせしました。
平成29年小学校学習指導要領に対応した新しい算数授業の理論と実践をついに刊行します!

「平成29年小学校学習指導要領 算数編」の作成協力者が中心となって編集・執筆!!
算数教育を常にリードしてきた大学・小学校の先生たち、総勢208名が参加した一大シリーズです。

ポイント1 新しい指導要領は、何がどう変わったのかを徹底解説!

学習指導要領の改訂にも関わられた先生方による指導のポイントを解説。資質・能力を育てることを意識して授業をどう改善していくのか、新領域になることでどのような指導をしていけばよいのかを各学年に合わせて記載しています。

 

ポイント2 全国から集まった豪華執筆陣による、各学年を網羅した実践!

北は北海道、南は沖縄まで、新算研が誇る全国の支部より集結した算数の実践者たち、その数130名! 各学年の内容を網羅するため、20以上の実践を執筆。「資質・能力」を育むための授業づくり、「数学的な見方・考え方」を働かせた「数学的活動」の内容、「主体的・対話的で深い学び」の視点など、授業改善のためのポイントを盛り込んでいます。

 

ポイント3 授業の詳細が分かる、見やすい板書と指導コメント!

本書は2色刷りにすることで、授業の展開から板書までより見やすくなるようにレイアウトされています。板書は、見開きにわたって大きく配置することでより細かなポイントまで知ることが可能。さらに、本書の最大の売りは、大学の先生及び小学校の校長先生が中心となって各実践に対して、指導コメントをつけていること。これにより、各実践の見方がより詳細に分かるようになっています。


新算数教育研究会 会長 清水静海(帝京大学)

『講座 算数授業の新展開』編集委員会
金本 良通(日本体育大学・編集委員長) 
池田 敏和(横浜国立大学)
齊藤 一弥(島根県立大学)
清水 美憲(筑波大学)
二宮 裕之(埼玉大学)
蒔苗 直道(筑波大学)

講座 算数授業の新展開 4(第4学年) 目次

はじめに……………………………………………………………………1

Ⅰ 育成を目指す資質・能力に基づく算数教育と第4学年の指導の重点………5
育成を目指す資質・能力に基づく算数教育と第4学年の指導の重点…………………6
授業改善に向けて……………………………………………………………………12
第4学年の目標及び指導内容の重点…………………………………………………16

Ⅱ 第4学年の主要内容とその指導………………………………………………21
A 数と計算…………………………………………………………………………………22
B 図形………………………………………………………………………………………28
C 変化と関係………………………………………………………………………………32
D データの活用……………………………………………………………………………36

Ⅲ 算数授業の新展開………………………………………………………………41
1.数を多面的に見て捉える
―数の構成と相対的な大きさ―……………………………………………………………42
 [単元]大きな数
2.既習の内容を活用し仕組みに気付く
―(3 桁)÷(1 桁)の計算―……………………………………………………………50
 [単元]除法の性質
3.筆算を通して小数の意味理解を深める……………………………………………………58
 [単元]小数の加法・減法
4.数量の関係に着目して性質を見いだす
―わり算のきまり―…………………………………………………………………………66
 [単元]除法の筆算
5.四捨五入によって概数を求め,生活に生かす……………………………………………74
 [単元]概数
6.計算のきまりを活用したくなる式をつくる
―交換法則・結合法則・分配法則―………………………………………………………82
 [単元]計算のきまり
7.数の大きさをイメージしながら計算の仕方を理解する
―小数のわり算の筆算―……………………………………………………………………90
 [単元]小数の乗法・除法
8.単位分数に着目し計算の仕方を考える……………………………………………………98
 [単元]同分母分数の加法・減法
9.角の大きさを柔軟に表現する
―180 度より大きな角の測定―…………………………………………………………106
 [単元]角の大きさ
10.対角線の視点から,四角形を捉え直す
―図形の構成要素・位置関係―…………………………………………………………114
 [単元]四角形
11.面積概念をつくり,単位正方形を基にして面積の求める……………………………122
 [単元]面積
12.展開図から直方体の性質を見いだす……………………………………………………130
 [単元]直方体と立方体
13.ものの位置を決める要素を見いだし,きまりをつくる………………………………138
 [単元]ものの位置
14.二つの数量の関係同士の比べ方を考える
―割合による比べ方―……………………………………………………………………146
 [単元]簡単な割合
15.伴って変わる二つの数量を見いだし関係を考察する…………………………………154
 [単元]変わり方調べ
16.適切な折れ線グラフを選択し判断する
―変化の読み取り―………………………………………………………………………162
 [単元]折れ線グラフ
17.データを分類整理し検討することで二次元表のアイデアを導き出す………………170
 [単元]二次元表
18.目的に応じてデータを集めて,その結論について考察する
―データ収集と分類整理―…………………………178
 [単元]資料の整理
19.目的に応じてデータやグラフを選択する
―データやグラフの選択の仕方―………………………………………………………188
 [単元]適切なグラフの選択
20.構成要素に着目し,解決過程を共有するために式を読む
―複合図形の面積の求積―………………………………………………………………196
 [単元]思考力を深める問題


編集委員会一覧………………204
執筆者一覧………………205

登録情報