• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

対話的な算数授業に変える 教師の言語活動

対話的な算数授業に変える 教師の言語活動

子どもと教師の言葉で編む算数授業。指導案通りの展開に当てはめていくのではない、子どもの声を反映して軌道修正していく授業を、いかにつくりあげるか。対話的な算数授業のための教師の言語活動の事例をまとめました。

定価 2,052円(税込)

この書籍を購入
カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 全国算数授業研究会 企画・編集
出版年月 2019年08月
在庫 在庫あり
子どもと教師の言葉で編む算数授業を実現するために
算数授業における教師の言語活動
山本良和 1


1 数学的な考え方を価値づけるために
「○○さんはどうしてこう考えたと思う?」
盛山隆雄 12

2 主体的に学びに向かう力を育むために
「答えは一つじゃないんだね」
毛利元一 18

3 子どもの考えを明確にするために
「やっている動きを、言葉にできる?」
岡田紘子 24

4 どの子も様々な考えをもつことができる教室にするために
「どう数えたの?」
千々岩芳朗 30

5 場面の状況を、子ども自らがつくり出していくために
「何が同じ?」
前田一誠 36

6 子どもの問いを引き出すために
「それってどういうこと?」
中村潤一郎 42

7 子どもの考えを明確にするために
「どうしてその数が3の段と言えるのかな?」
佐藤純一 48

8 意味理解を深めるために
「(寄り添い、揺さぶり、惚ける)」
大野 桂 54

9 問いをつくるために
「辺の長さで教えて欲しい数はいくつ?」
河内麻衣子 60

10 子どもの心の動きをつくるために
「言葉が3つ出てきたのなら、式も3つできるはずですね」
江橋直治 66

11 友だちの論理をクラス全員が共有化するために
「ここまでの○○さんの考えは分かるかな」
尾﨑正彦 72

12 つまずきを解決するために
「どこを直したらいいかな」
永田美奈子 78

13 いつでも使える方法に気付くために
「もし〇〇なら、どちらの考え方を使いますか?」
加固希支男 84

14 子どもの「なぜなら…」を引き出すために
「(子どもの考えに対峙する)もっとあるよね」
平川賢 90

15 子どもが統合的・発展的に考えるために
「○○さんのよいところはどこでしょうか?」
小松信哉 96

16 子どもの発想を広げるために
「ばらはどうかいたらよいの?」
尾崎伸宏 102

17 一人の考えを受けとめるために
「どうしてそうしようと思ったの?」
森本隆史 108

18 課題を明確にするために
「この場面でも使えるかな」
山田剛史 114

19 全員参加の授業を創り上げるために
「途中の計算のしかたを予想できるかな」
工藤克己 120

20 見方を拡げるために
「困っている人がいるんだけど……」
中田寿幸 126

21 新たな発想を促すために
「(子どもの言葉を聞き間違える)」
夏坂哲志 132

登録情報