• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

今、算数の授業で何が大切か 算数授業研究シリーズ 13

計算練習より考える力を

今、算数の授業で何が大切か 算数授業研究シリーズ

子どもが「なぜ」を考えることに面白さを感じられるような算数の授業をしたい。「なぜ」そのような計算をすればいいのか自ら発見的に学習させたい。算数本来の目標を見失わない「考える力」の育成を主張する。

定価 1,944円(税込)

著者 全国算数授業研究会 企画・編集
出版年月 2004年08月
在庫 品切れ・重版未定

〔読者の感想〕
本屋でも計算練習ものの冊子があふれているが、いつもそれでいいのか?という気持ちでいた。だからこの本は、算数教育にあたる私たちにとって、警鐘を鳴らし、光を差してくれるタイムリーな一冊であると感じた。

「百ます計算」の』先生の議論に、19世紀20世紀への逆戻りのような感じを受けていました。「考える力」をつけ、興味を持たせ、理解を深める方向の「全国算数授業研究会」を支持したいと思います。

1 今、算数の授業で何が大切か―計算練習より考える力を(計算の仕方を考える;計算の基本の考え ほか)
2 考える力が育つ授業(まずは、「どんな考え方を育てるのか」という目標の明確化が大切なのだ;なぜ算数の授業をするのかという本質を問い直す! ほか)
3 計算の指導で求めるもの/計算力を見直す(計算問題を通してつけたい力;計算力、その指導の2つのステップ―計算について考える力を育てる時間と計算技能を鍛える時間 ほか)
4 私の計算指導(計算指導にもやさしさを;「アリスモゴン」から「計算のくさり」へ ほか)

登録情報