• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

授業のUD Books 算数授業のユニバーサルデザイン

全員で楽しく「数学的な見方・考え方」を身に付ける!

授業のUD Books 算数授業のユニバーサルデザイン
>中身を確認<立ち読みする

定価 2,160円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 伊藤 幹哲
礒部 年晃 解説
出版年月 2015年03月
在庫 在庫あり

授業のユニバーサルデザインの考え方がすらすら読めてわかる大人気シリーズ「授業のUD Books」より、算数編が登場。

算数授業を「焦点化」「視覚化」「共有化」、そして「オープンにする」ことで、子どもの様子ががらりと変わる。クラス全員が楽しく参加でき、「数学的な見方・考え方」を身につける算数授業を実現するための考え方が詰まった1冊。また、子どもを引きつけ、算数の楽しさを実感させる、教材への「しかけ」10の方法を提案。

算数授業のユニバーサルデザイン
全員で楽しく「数学的な見方・考え方」を身につける! 目次

第1章 算数授業のユニバーサルデザインに出会うまで
1 形式だけで進めていた算数授業 002
2 教師の思い込みで子どもたちが苦しんでいる!? 005
3 全員が「わかる・できる」授業は確かに存在する! 006
4 研究授業での失敗 008
5 初めて子どもが「わかった!」と言った瞬間 009
6 授業のユニバーサルデザインとの出会い 013

第2章 算数授業のユニバーサルデザインとは?
1 指導案にがんじがらめの授業から、
「子どもの反応」に基づく授業に! 018
2 問題提示の段階で参加できない子ども 019
3 子どもの心のつぶやきを聴く 020
4 算数授業のユニバーサルデザイン 022
5 イメージする活動をもとに「数学的な見方・考え方」を育む 023
6 論理的に考える 025
7 イメージの大切さ 027
8 ユニバーサルデザイン化を目指す授業の流れ 028

第3章 授業を焦点化(シンプルに)する
1 「数学的な見方・考え方」を焦点化する 034
2 焦点化された授業例 037
3 授業を焦点化する教材への「しかけ」 048
4 山場(中心)から逆算して活動をつくる 050

第4章 授業を視覚化(ビジュアルに)する
1 ねらいに基づいた視覚化 056
2 効果的に視覚化する方法 059
3 視覚化で「数学的な見方・考え方」を
獲得・発見・創造・発揮する 070

第5章 授業を共有化(シェア)する
1 「共有化」に着目する 80
2 クラス全体で共有化する授業 83
3 共有化の流れをつくる 93
4 授業時間内にできる個別の配慮 101

第6章 授業をオープンにする
1 参加したくなる授業をつくる 106
2 導入をオープンにする 106
3 終末をオープンにする 109
4 子どもの心をオープンにする 111

第7章 教材に「しかけ」をつくる算数授業10の方法
1 教材への「しかけ」で子どもの姿が変わる! 118
2 「しかけ」を使った授業例 120
3 10の「しかけ」の具体 123
 ① 選択肢をつくる 123 ⑥ 分類する 142
 ② 隠す 126 ⑦ 位置・配置を変える 144
 ③ 間違える 129 ⑧ 順序を変える 149
 ④ 情報過多にする 132 ⑨ 図や絵に置き換える 153
 ⑤ 情報不足にする 136 ⑩ 仮定する 156
4 効果的に教材に「しかけ」をつくる 161

第8章 日々の授業で大切にしたいこと
1 子どものつまずきに寄り添って授業をつくる 168
2 日常生活の指導で大切にしたいこと 171

 あとがき 179

 解説 国立教育政策研究所 学力調査官 礒部年晃 185

登録情報