• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料 予約開始!!
コグトレ 困っている子どもを支援する認知トレーニング
新学習指導要領への学びを深める
板書シリーズ最新版 新学習指導要領対応!
月刊特別支援教育研究
子どもと創る国語の授業
学校がもっとすきになる絵童話シリーズ
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
パターンブロック関連商品
楽々ナビゲーション
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE公式アカウント
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

教育社会学研究 第96集

教育における排除と包摂

教育社会学研究 第96集

定価 3,850円(税込)

著者 日本教育社会学会
出版年月 2015年05月
在庫 品切れ・重版未定

雑誌最新号

 この20年来の新自由主義政策によって格差社会が到来した。この格差社会は極めて許容しがたい「子どもの貧困」(相対的貧困率15.7%)を生み出している。日本教育社会学会では、こうした状況に対し「排除」と「包摂」を軸に、こうした格差や貧困の状況を含んだ<教育と社会>の現状に関する特集を組んだ。

 「排除」概念は、「格差」が何らかの経済資本・文化資本の量的差を示す概念であるのに対して、社会の中心にある制度や価値からの離脱や周辺化を意味した概念であり、またそれは文化レベルでの差異(例えば、民族問題)も射程にいれている。
 他方、「包摂」概念は、そうした「排除」状態から<教育と社会>への再入をめざすことを意味しており、「排除」の現状に対する対策を示すことができる概念だとひとまずは了解できる。しかし、「排除―包摂」概念には問題があることが指摘されている。それは、既存の<教育や社会>の枠組みそれ自体を問い直すことになしに、「包摂」を想定することは許されるのかという問題である。

 本特集では、教育における「排除―包摂」の理論的(概念的)問題から、排除の現状と実態、そして排除に対抗しうる教育実践をとりあげる。さらに、排除に対抗していく包摂の手段として、「社会保障」あるいは「福祉」と教育の連携の在り方も考えたい。これらの論稿によって、既存の<教育と社会>の枠組みそれ自体をとらえ返すという論点の考察を含みながら、最終的には「排除」に抗する「包摂」の可能性を考えていく。

目  次
特集 教育における排除と包摂
教育における排除と包摂 酒井  朗…  5
新自由主義時代への社会変容の下での生活困難層の子育て・教育、生活
長谷川 裕… 25
高校中退者の排除と包摂 古賀 正義… 47
日本の奨学金問題 大内 裕和… 69
風俗業界で働く女性のネットワークと学校体験 上間 陽子… 87
朝鮮学校処遇の変遷に見る「排除/同化」 韓  東賢…109
「排除」に対抗する学校 若槻  健…131
英米のコミュニティ・スクールと社会的包摂の可能性 ハヤシザキカズヒコ…153
〈教育〉化する社会保障と社会的排除 仁平 典宏…175
論 稿
矯正教育における「規範」 仲野由佳理…199
授業秩序はどのように組織されるのか 松浦加奈子…219
父母の学校活動関与と小学校児童の学校適応 松岡 亮二…241
教員集団内における教職アイデンティティの確保戦略 中村 瑛仁…263
「進学校」制度の普及過程に関するミクロレベル組織分析 冨田 知世…283
子どもが語るひとり親家庭 志田 未来…303
なぜいじめは止められないのか? 鈴木  翔…325
書 評
平尾智隆・梅崎修・松繁寿和[編著]『教育効果の実証』 篠崎 武久…347
大島真夫[著]『大学就職部にできること』 日下田岳史…349
木村育恵[著]『学校社会の中のジェンダー』 森  一平…352
酒井 朗[著]『教育臨床社会学の可能性』 清水 睦美…354
北山夕華[著]『英国のシティズンシップ教育』 植田みどり…356
中澤篤史[著]『運動部活動の戦後と現在』 児玉 英靖…358

土田陽子[著]『公立高等女学校にみるジェンダー秩序と階層構造』
今田絵里香…361
増田 仁[著]『高度経済成長期における家事労働者形成過程の再検討』
佐藤  香…363
濱中淳子[著]『検証・学歴の効用』 梅崎  修…365
中澤 渉[著]『なぜ日本の公教育費は少ないのか』 末冨  芳…367
伊藤茂樹[著]『「子どもの自殺」の社会学』 石飛 和彦…369
住田正樹[著]『子ども社会学の現在』 小針  誠…371
志水宏吉・中島智子・鍛治 致[編著]『日本の外国人教育』 角替 弘規…373
香川めい・児玉英靖・相澤真一[著]『〈高卒当然社会〉の戦後史』
荒牧 草平…375
倉石一郎[著]『アメリカ教育福祉社会史序説』 額賀美紗子…377
本田伊克氏の『「なんで英語やるの?」の戦後史』の書評に応えて 寺沢 拓敬…380
森 一平氏の『学校社会の中のジェンダー』の書評に応えて 木村 育恵…381
清水睦美氏の『教育臨床社会学の可能性』の書評に応えて 酒井  朗…382
植田みどり氏の『英国のシティズンシップ教育』の書評に応えて
北山 夕華…384
末冨 芳氏の『なぜ日本の公教育費は少ないのか』の書評に応えて
中澤  渉…385
荒牧草平氏の『〈高卒当然社会〉の戦後史』の書評に応えて
香川 めい・児玉 英靖・相澤 真一…387
課題研究報告
Ⅰ 地方で「生きる」若者たち 片山悠樹…389
Ⅱ ジェンダーと教育研究の21世紀的課題 中西祐子…393
Ⅲ まがり角の教育社会学 山口健二・紅林伸幸・中川宗人…398
学会賞選考委員会報告


投稿規定…405
日本教育社会学会 研究倫理宣言…407

登録情報