• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
雑誌の定期購読
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
パターンブロック関連商品
一般書一覧
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

理科授業をデザインする理論とその展開

自律的に学ぶ子どもを育てる

理科授業をデザインする理論とその展開

子どもが目的意識をもち、自らの判断のもとで情報を収集し、考えを深化させていく――そのようなアクティブな学習に向けて、どのような指導を行えばよいのか。豊富な具体例を基に、これからの理科教育に求められる授業デザインの理論とその展開を描き出す。

定価 3,024円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 森本 信也 編著
出版年月 2017年03月
在庫 在庫あり
はじめに
プロローグ 理科授業をデザインするための現代の教授論と学習論

第Ⅰ部 今、理科授業で目指す子どもの学び
第1章 構成主義から捉える理科学習
第2章 自由試行から問題解決へ至る子どもの思考の変化
第3章 生活概念(日常知)から科学概念(学校知)への子どもの思考の移行
第4章 「発達の最近接領域」による子どもの思考の飛躍

第Ⅱ部 理科授業で子どもの学びを価値づけ、評価する視点
第1章 描画や比喩的表現からみる子どもの学び
第2章 子どもにおける科学概念の記憶とその多様性
第3章 理科授業デザインとパフォーマンス評価を用いた「科学的な思考・表現」
に関する学力の育成

第Ⅲ部 子どもの学びに即した理科授業のデザイン
第1章 自律的な動機づけを促進する授業
第2章 メタ認知に基づく授業
第3章 子どもが自己調整的に進める授業
第4章 教室談話分析に基づく授業
第5章 足場作りと足場外しが目指す授業
第6章 形成的アセスメントに基づく授業

エピローグ 理科授業デザインの軸としてのアセスメント
おわりに
索引
編著者紹介
執筆者一覧

登録情報