• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
雑誌の定期購読
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
パターンブロック関連商品
一般書一覧
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

子ども・若者支援と社会教育 日本の社会教育 第61集

子ども・若者支援と社会教育 日本の社会教育

居場所づくり、学習支援、生活支援、就労支援、福祉……子ども・若者支援の多様な取り組みの意義と可能性、課題を整理し問題提起。

定価 3,132円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 日本社会教育学会
出版年月 2017年09月
在庫 在庫あり
1990年代以降の新自由主義的な社会構造改革のもとで拡大した、格差や就労をめぐる環境の変化。それがもたらした若者の社会的移行の困難、子どもの貧困など、支援を必要とする状況への変化が存在している。
本書では、福祉・就労支援を含め、子ども・若者支援に関連する社会教育的なアプローチの歴史と実践を掘り起こし、その意義と可能性、そして課題について整理し、問題提起を行った。

1 支援を子ども・若者当人の問題として個人化せず、社会構造・総体として問題提起すること
2 支援を子ども・若者自身の主体形成の観点から再検討すること
3 目的論的に、経済的な就労支援に終始せず、社会における形成者・主権者としての自立の側面を重視すること
4 学習支援、生活支援、就労支援など、個々の支援分野のベースとなる考え方や知識を整理し、関連づけを指摘していること。

上記の4つの視点をもとに、ますます必要とされる子ども・若者支援のあり方を、多様な視点で検討する。

登録情報