• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
ちいさな天使のものがたり
パターンブロック関連商品
一般書一覧
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

「分けて比べる」道徳科授業

「分けて比べる」道徳科授業

道徳科授業は,「分けて比べる」ことで活性化する。「目標と内容」「指導方法」「教材,発問,学習過程」「評価」などを「分けて比べる」ことで,子どもがよく考え,話し合い,全員参加の授業を実現することができる。坂本哲彦の道徳授業論の決定版!

定価 2,052円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 坂本 哲彦
出版年月 2018年01月
在庫 在庫あり
第Ⅰ章 「分けて比べる」とは
一 「分けて比べる」
二 なぜ、「分けて比べる」のか
三 何を「分けて比べる」のか

第Ⅱ章 目標と内容を「分けて比べる」
一 道徳科の目標と内容項目
二 授業のねらいと学習内容

第Ⅲ章 教材、発問、学習過程を「分けて比べる」
一 教材
二 発問の機能
三 発問の種類
四 学習過程

第Ⅳ章 多様な指導方法を「分けて比べる」
一 質が高い多様な指導方法
二 読み物教材の登場人物への自我関与が中心の学習
  ~「なり切る自我関与」か「自分ならと考える自我関与」か~
三 問題解決的な学習
  ~「価値課題」か「教材課題(非価値課題)」か~
  ~「行為の解決」か「考え方の解決」か~
  ~「授業内追求」か「はみ出す追求」か~
四 道徳的な行為に関する体験的な学習
  ~「行為が目的」か「行為は手段」か~
  ~「行為は理解」か「行為は表現」か~
  ~「いじめ問題に活用する」か「控える」か~

第Ⅴ章 「分けて比べる」ことをUD化に生かす
一 道徳科授業のUDの四要件
二 各視点に「学びの困難さに対する工夫」を一層付加する

第Ⅵ章 評価に生かす「分けて比べる」
一 教師による子どもの評価
二 教師による授業の評価
三 教師による授業の評価と子どもの評価の関係

第Ⅶ章 「分けて比べる」授業例
一 内容項目の内容を分けて比べる
  ~小学校四年生 D19 生命の尊さ 「ヒキガエルとロバ」~
二 内容項目同士を分けて比べる
  ~小学校三年生 A1 善悪の判断、自律、自由と責任 「よわむし太郎」~
三 価値のよさを分けて比べる
  ~小学校二年生 C14 勤労、公共の精神 「森のゆうびんやさん」~
四 場面を選んで比べる
  ~小学校一年生 A3 節度、節制 「るっぺ どうしたの」~
五 価値実現の大小を分けて比べる
  ~小学校六年生 B11 相互理解、寛容 「ブランコ乗りとピエロ」~
六 発言内容を分けて比べる
  ~小学校五年生 B11 相互理解、寛容 「銀のしょく台」~

あとがき

登録情報