• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

思考過程を大切にする愉しい算数発問・指示づくり

思考過程を大切にする愉しい算数発問・指示づくり

算数の授業は,教師の言葉と子どもの言葉が組み合わさって創造されていく。そして,教師による「発問」や「指示」は,子どもの資質・能力を高めていくためにある。本書では,実践事例をもとに,発問・指示・反応・押さえの在り方をやさしく解説する。

定価 2,160円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 中村 光晴
出版年月 2018年02月
在庫 在庫あり
はじめに

Ⅰ 算数の授業における発問・指示・反応・押さえ
1. 教師の発問・指示・反応・押さえで,算数の授業はつくられている
2. 発問・指示・反応・押さえの役割を意識し,算数の授業を創造する 

Ⅱ 発問・指示・反応・押さえでめざすもの
1. 発問・指示・反応・押さえの先にいる,めざす子どもの姿を問う
2. 算数の授業における発問・指示・反応・押さえで,何をめざすのか?
3. 発問・指示・反応・押さえを駆使し,子どもが近い目標と遠い目標に迫るようにする
4. 教師のめざすものによって,発問・指示・反応・押さえが変わる
【トピックス】子どもの言葉で授業をつくる

Ⅲ 子どもの学びに向かう力を高める
1. 発問・指示・反応・押さえを駆使し,「問い」のある授業をつくる
2. 「問い」の共有化・焦点化を図り,共に追究を深めることができるようにする
3. 共に追究を深める学び方を身に付ける発問・指示・反応・押さえ

Ⅳ 子どもの思考力・判断力・表現力をはぐくむ
1. 発問・指示・反応・押さえを駆使し,子どもの数学的な思考力をはぐくむ
2. 発問・指示を駆使し,子どもの判断力をはぐくむ
3. 発問・指示・反応・押さえを駆使し,子どもの表現力をはぐくむ
5年「分数のかけ算とわり算」(第4時のノートから)
【トピックス】子ども一人ひとりの活動頻度・思考頻度を高める

Ⅴ 子どもの生きて働く知識・技能の習得を図る
1. 子どもの生きて働く知識・技能の習得を図るうえで,礎となる教師の考え方
2. 間違いやつまずきを生かす発問・反応をし,生きて働く知識・技能の習得を図る
3. 生きて働く知識・技能の基盤を築く発問・指示
3年「かけ算の筆算」(第3時)のノートから
【トピックス】ぶれない授業をつくる

参考文献・引用文献

おわりに

登録情報