• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

ぼくとマリナちゃん

学校がもっと好きになるシリーズ2

ぼくとマリナちゃん

学校がもっと好きになる絵本シリーズ、第2弾! 男子と 女子に 分かれ ケンカになった ユウトくんの クラス。 マリナちゃんと 一緒の クラスでは、力を合わせるの なんてムリ。 ケンカをしてしまった 2人は、 仲直りできるのでしょうか? ケンカは どれも、学びのきっかけ。 立場や 意見が ちがっても、分かりあおうとすることが 大切なのです。

定価 1,404円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 くすのきしげのり
稲葉 卓也
出版年月 2018年04月
在庫 在庫あり

雑誌最新号

学校がもっとすきになる絵本シリーズ

勉強が好き。スポーツが好き。絵が好き。音楽が好き。
子どもたちは学校で、たくさんの好きなことを見つけます。
好きという気持ちから、個性的な未来が始まります。
でも、どの「好き」だって最初は「学校が好き」という気持ちから始まるのだと思うのです。
学校が嫌いだ、という子をひとりでも減らしたい。
そんな想いから東洋館出版社は、
70周年記念として「学校をもっと好きになる絵本」シリーズを刊行することにしました。
相手の気持ちになること。友だちを大切にすること。自信を持つこと。
教科書では教えられない大切な内容を、絵本として綴じました。
読んだすべての子どもたちが、月曜日を待ちわびるようになりますように。


ぼくとマリナちゃん
さく:くすのき しげのり  え:稲葉 卓也
----------------

ユウトくんと マリナちゃんは、いえが となりどうし。 
小さいころは、まいにち いっしょに あそんでた。
けど、いまは ちがう。
ケンカしてかえった ユウトへの おじいちゃんの アドバイスとは…? 
 
ケンカはどれも、
学びのきっかけ。
ちゃんと話せば ちゃんと分かる







◉作者紹介
くすのき しげのり
1961年徳島県生まれ。鳴門市在住。
小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などを経て、
現在は、児童文学を中心とする創作活動と講演活動を続けている。
絵本『おこだでませんように』(小学館)が、
2009年に全国青少年読書感想文コンクール課題図書に、
2011年にはIBBY(国際児童図書評議会)障害児図書資料センターが発行する推薦本リストに選出される。
同作品で第2回JBBY賞バリアフリー部門受賞。
また、『ふくびき』(小学館)、『ともだちやもんな,ぼくら』(えほんの杜)と共に
第3回ようちえん絵本大賞を受賞する。
その他の絵本に『もぐらのサンディ』シリーズ①~④(岩崎書店)、
『みずいろのマフラー』(童心社)、『ええところ』(学研)、
『メロディ』(ヤマハミュージックメディア)など多くの作品がある。

登録情報