• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

「Which型課題」の国語授業

「めあて」と「まとめ」の授業が変わる 

「Which型課題」の国語授業

定価 2,160円(税込)

予約する 即日発送・送料無料
著者 桂 聖 編著
N5国語授業力研究会
出版年月 2018年10月
在庫 未刊・予約受付中
考え・答えたくなるのはWhyやWhatではなく「Which」!
全員が選択・判断できる授業づくりを、桂聖氏のフルカラー1時間授業&36教材の実践で紹介!

「○○はどうして(Why)このようなことをしたのでしょう?」
「このとき○○はどんなことを(What)思ったでしょう?」……
国語授業でよくみられる、このようなWhy型やWhat型の課題、実は子どもにとっては
考えたり・答えたりするのが難しい場合があります。登場人物の行動の理由や心情の推測といった
幅広い問いかけに答えるのは、高い能力を要求されるのです。これは、物語文に限らず、説明文でも同じです。
それゆえに、国語が得意でない子どもにとっては、これらの課題提示のために活動が停滞し、
苦手意識を覚えてしまうこともあります。

そこで本書が提案するのが、「A・B、どっち?」「A~Dのうちどれ?」「順番に並べるとどうなる?」といった、選択肢の中から選べるWhich型学習課題です。
どれかから選んだり、並べたりするのは、活動のハードルが低いため、全員が授業に参加することができます。また、それゆえに多くの子どもたちが意見を言いやすく、話し合い活動が活発化することにもつながります。
もちろん、話し合いが拡散するだけでなく、その上で活発化した話し合いが、学んでほしい「ねらい」に向かうようにする必要があります。
本書での提案は、授業を活性化させるための「Which型課題」の提示、そしてそこから授業のねらいへと収束させるための「考えのゆさぶり」を盛り込んだ、具体的な授業提案を掲載しています。

本書で提案される「Which型課題」の種類は、具体的な方法として10バリエーションあります。

 ①○○は、A? B?
 ②○○は、A〜C(三つ以上)のうちどれ?
 ③○○として適切なのは、A? B?
 ④〇〇はA? それともnot A?
 ⑤一番○○なのは、A〜Cのうちどれ?
 ⑥もしも○○だったら、A〜Cのうちどれ?
 ⑦もしも○○の順位をつけるなら、その順番は?
 ⑧もしも◯◯を目盛りに表すなら、いくつになる?
 ⑨○○はいる? いらない?
 ⑩いい文章? よくない文章?

子どもの実態や教材のタイプ、学年段階など、目の前のクラスに合わせて使いこなしやすい!
全員参加が楽しく参加でき、思考が活性化する国語授業のために、参考にしたい1冊です。
目 次


「Which型課題」の国語授業
――「めあて」と「まとめ」の授業が変わる―― 1
第1章 写真でみる「Which型課題」の
国語授業&授業ディスカッション
1 問題意識の醸成 6
2 「Which型課題」の設定 8
(1)7段落の説明がいいと思った子の意見 9
(2)6段落の説明がいいと思った子の意見 10
(3)8段落の説明がいいと思った子の意見 14
3 考えのゆさぶり 15
4 学習のまとめ 17
第2章 「Which型課題」の国語授業
1 「めあて」と「まとめ」による国語授業の問題 20
2 「Which型課題」の国語授業づくり 22
3 「Which型課題」の授業例 23
4 「Which型課題」づくりの理論と方法 26
5 「Which型課題」の国語授業における留意点 31
第3章 「Which型課題」の授業展開
1年 おおきなかぶ 38
くじらぐも 40
たぬきの糸車 42
くちばし 44
じどう車くらべ 46
どうぶつの赤ちゃん 48
2年 スイミー 50
お手紙 52
スーホの白い馬 54
たんぽぽのちえ 56
どうぶつ園のじゅうい 58
おにごっこ 60
3年 ちいちゃんのかげおくり 62
三年とうげ 64
モチモチの木 66
こまを楽しむ 68
すがたをかえる大豆 70
ありの行列 72
4年 白いぼうし 74
一つの花 76
ごんぎつね 78
動いて、考えて、また動く 80
ウナギのなぞを追って 82
ヤドカリとイソギンチャク 84
5年 なまえつけてよ 86
大造じいさんとガン 88
注文の多い料理店 90
見立てる 92
天気を予想する 94
想像力のスイッチを入れよう 96
6年 カレーライス 98
やまなし 100
海の命 102
笑うから楽しい 104
時計の時間と心の時間 106
『鳥獣戯画』を読む 108
第4章 読むことの授業過程における
二つの「ゆさぶり発問」
――「広げる」ゆさぶり発問と「深める」ゆさぶり発問――
はじめに―ゆさぶり発問の新しい可能性 112
1 「広げる」ゆさぶり発問と「深める」ゆさぶり発問 113
2 「授業のヤマ場」に着目した授業過程 115
おわりに 119


おわりに 122
おわりに 追補 125

著者紹介

登録情報