• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

算数授業研究 その不易と流行 算数授業研究シリーズ 17

子どもは考えることを愉しんでいるか

算数授業研究 その不易と流行 算数授業研究シリーズ

定価 2,052円(税込)

カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 全国算数授業研究会 企画・編集
出版年月 2008年06月
在庫 在庫あり
第1章 算数授業研究その不易と流行(子どもが考えることを愉しめるように
新学習指導要領のキーワードで授業観は変わるか)
第2章 キーワードをこうとらえて考えることを愉しむ子どもが育つ授業をつくろう(「表現力の育成」は、筋道立てて考える力を育てる
自分の考えを表現したくなる授業―5年「割合」:対立する意見を大切にする
知識の活用を通して思考力を育てよう!
探求の中でこそ活用力は育つ
反復(スパイラル)は「活用」と関連づけながら
計算の仕組みを図で考えることを通して子どもを育てる―筆算のよさを見つめ直す
算数的活動が新たな気づきを生む―活動の足跡を整理しよう
新学習指導要領における算数的活動を具現化した授業
「活用」することを意識して「習得」する場をつくる
習得型授業こそ「あ・い・う・え・お」の聞こえる授業を)
第3章 授業づくりその不易を求めて(「愉しさ」の意味と意義、そして「愉しさ」が生まれる授業づくりのポイント
算数の授業づくりを愉しむ
不易は文化)
付 全国算数授業研究会の歩み

登録情報