• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

子どもと創る「国語の授業」2019年 No.64

子どもと創る「国語の授業」2019年 No.64

平成29年に告示された小学校学習指導要領では、〔思考力、判断力、表現力等〕の各領域において、学習過程を明確にし、各指導事項を位置づけた。本号では、それら学習過程のうち「考えの形成」について、どのような活動を通して何をねらうものなのか、実践を通じてその具体に迫る。そのほか、新コーナー「ことばの基礎力アップ講座」では、明日の授業から取り入れることができる「音読指導」「漢字指導」のアイデアを紹介する。

定価 780円(税込)

この書籍を購入
カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 全国国語授業研究会
筑波大学附属小学校国語教育研究部
出版年月 2019年05月
在庫 在庫あり
〈提起文より〉

特集:考えの形成

「ぼくは、なぜか今回の休日が三日間あるように感じる。それはなぜだろうか。ぼくなりに考えた結果、いつもよりサッカーをしている時間が長いからとなった。ぼくは、サッカーしか頭にないのだ。これからもサッカーを続けていきたい。」

 右は、四年生の子の日記である。「ぼくは、サッカーしか頭にないのだ」という自己分析は、書く前からその子に「考え」としてあったのではなく、書くことを通して生まれた「考え」であろう。「書く」という行為には、書くことによって「考え」を「形成」するという働きもある。

 新学習指導要領解説「国語編」の、〔思考力・判断力・表現力等〕〈書くこと〉の領域では、学習過程における「考えの形成」として、以下のように位置づけている。

・自分の考えを明確にし、書き表し方を工夫する。(書くこと)

ここでは、「形成された自分の考えをどのように表現するか」に焦点が当たっている。そこには、先の子どものような姿はない。実際の子どもの姿との間のズレを感じる。

では、他の領域の「考えの形成」はどうであろうか。

・話の内容が明確になるように、構成を考えることを通して、自分の考えを形成する。(話すこと)

・話し手が伝えたいことと自分が聞く必要のあることの両面を意識しながら聞き、感想や考えを形成する(聞くこと)

・進行を意識して話し合い、互いの意見や考えなどを関わらせながら考えをまとめたり広げたりする(話し合うこと)

・文章を読んで理解したことなどに基づいて、自分の考えを形成する(読むこと)

 このように並べてみると、「考えの形成」は、領域によって温度差があることがわかる。最も「考えの形成」に力を入れているのが〈読むこと〉領域である。〈読むこと〉では、学習過程の「構造と内容の把握」「精査・解釈」を手立て、「考えの形成」を目的と位置づけている。〈話すこと・聞くこと〉では、活動を通して、順序、因果、比較等の思考様式を働かせることで、「考え」を「形成」させることをねらっている。これらには、〈書くこと〉領域で感じたズレを感じることはあまりない。

 三領域の「考えの形成」とは、どのような活動を通して何をねらうものなのであろうか。実践を通して、「考えの形成」の具体を書いて頂いた。 

特集 考えの形成
ⅰ 〈提起文〉野中太一
ⅱ 提案授業「作品の主題を考えよう」……青木伸生
01 授業を振り返って……青木伸生
01 参観者のコメント……青山由紀/弥延浩史
02 〈話すこと・聞くこと〉表現したくなる材料と表現する場を設定する……溝越勇太
06 〈書くこと〉 〈読むこと〉を〈書くこと〉につなぐ「考えの形成」……安達真理子
10 〈書くこと〉根拠を明らかにし、自分の考えを確かにする……梅田芳樹
14 〈読むこと〉「考えの形成」と「学習課題」……福田秀貴
18 〈読むこと〉「考えを形成し深める力」の育成のポイント……立石泰之
22 〈読むこと〉学びが連続する授業づくり……長屋樹廣

ことばの基礎力アップ講座
26 目的別! 音読アイデア……髙橋達哉
28 覚えて使える漢字指導のコツ……小島美和

明日から実践 提案!先取り授業
30 1年「おおきなかぶ」(教育出版)「作品の心」を読む「おおきなかぶ」……對島敬紘
32 2年「きつねのおきゃくさま」(教育出版)繰り返しのある物語を作ろう……今野諒
34 3年「もうすぐ雨に」(光村図書)「どっちが『変化する』かな?」物語を4つに分けよう……河崎泰士
36 4年「ごんぎつね」(東京書籍)中心人物と対人物のかかわりで、物語を深く読み解こう……相澤勇弥
38 5年「注文の多い料理店」(学校図書)「人物像」から考える物語のメッセージ……横山健悟
40 6年「やまなし」(光村図書)作者の思いをとらえ、自分の考えをまとめよう……朽木良美

全国津々浦々 私の国語教室
42 「深い学び」を実現させる言語活動のあり方―作品を語る会を通して―……渡邊克吉
45 子供の問いを引き出す授業づくり―一次の活性化が、授業を変える!―……板倉香代

連載
48 国語授業づくり はじめのい~っぽ!
  読書生活に拓く学校図書館との連携―国語授業におけるTT指導―……白坂洋一
51 わくわく国語教室 説明文の系統指導―3年生 その2―……青山由紀
54 KATSURA 国語劇場! 「考える音読カード」で学びが変わる⑵……桂 聖
57 青ちゃん 単元工房 読みの系統を意識した指導③……青木伸生
60 YANOBE‘s国語授業レシピ
  対話のある授業をつくる①―対話の土台を築くための方法―……弥延浩史

63 教師の必読書・おすすめ教材……三浦蒼生
(裏表紙)子どもの作品・・・・・・桂聖