• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
キャッシュレス還元についてのお知らせ
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
板書シリーズ最新版 新学習指導要領対応!
新学習指導要領への学びを深める
保育パーフェクトダイアリー2020
学校がもっとすきになる絵童話シリーズ
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
パターンブロック関連商品
楽々ナビゲーション
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

子どもと創る「国語の授業」2020年 No.67

子どもと創る「国語の授業」2020年 No.67

学びのプロセスの「共有」段階において、「互いの異なる読み」によって、「自分の読み」が広がったり深まったりするには、どのように指導していけばよいのか。「共有」に関する指導の考え方や具体について提案していただいた。

定価 850円(税込)

この書籍を購入
カートに入れる クレジット決済は送料無料
著者 全国国語授業研究会
筑波大学附属小学校国語教育研究部
出版年月 2020年02月
在庫 在庫あり

〈提起文より〉

特集:読みの授業で目指す「共有」

現行の学習指導要領では、「交流」だった。しかし、新学習指導要領では、「共有」に変わった。これからの読みの授業で目指すべき「共有」とは何だろうか。
新学習指導要領における読むことの指導事項は、
構造と内容の把握  →  精査・解釈  →  考えの形成  →  共有  
という学びのプロセスで示されている。文章に関する「構造と内容の把握」をした上で、表現を「精査・解釈」し、自分の「考えの形成」をする。それを互いに「共有」する。
例えば、第2学年及び第6学年では、「共有」に関する指導事項を次のように示している。

◆第5学年及び6学年
カ 文章を読んでまとめた意見や感想を共有し,自分の考えを広げること。

つまり、「共有」することで、自分の読みを広げることを重視している。
「交流」とは、「発表し合う」という「活動」である。極論すれば、自分の読みを出し合うだけで、他者の読みを聞かなくてもいいことになる。すると、自分の読みを広げることは期待できない。
しかし、「共有」は、自分の読みを広げるという「思考を伴う活動」である。すると、自分の読みと他者の読み、つまり「互いの異なる読み」が大切になる。「互いの異なる読み」を「共有」することを触媒にして、自分の読みが変容していくことに意義がある。
ただし、それは読みを一つにすることではない。「共有」によって、自分の読みが多様に広がることが重要である。
本特集は「読みの授業で目指す『共有』」である。学びのプロセスの「共有」段階において、「互いの異なる読み」によって、「自分の読み」が広がったり深まったりするには、どのように指導していけばよいのか。「共有」に関する指導の考え方や具体について提案していただいた。  (桂 聖)

子どもの作品……梅田芳樹

特集 読みの授業で目指す「共有」
ⅰ 〈提起文〉桂聖
ⅱ 提案授業・・・・・弥延浩史
01 授業を振り返って・・・・・・弥延浩史
01 参観者のコメント・・・・・・青木伸生/白坂洋一
02 〈低学年―説明文〉読みを広げる「共有」について……長屋樹廣
06 〈低学年―文学〉子どもの表現から生まれる「課題(問い)」と「共有」・・・・・・立石泰之
10 〈中学年―説明文〉学びの財産として蓄積される「共有」を目指して
   ―解釈の共有と読み方の共有を考える―……青木伸生
14 〈中学年―文学〉あらすじを書こう・自分の読みを「色」にのせて……笠原冬星
18 〈高学年―説明文〉「考えの違い」を生かす説明文の授業づくり……髙橋達哉
22 〈高学年―文学〉間接指導と大小の「共有」……溝越勇太

ことばの基礎力アップ講座
26 話し合いの話型指導を実らせるための「場」と「ふりかえり」の工夫……笠原三義
28 理由と根拠を区別させるエクササイズ……土居正博

明日から実践 提案!先取り授業
30 1年「だって だっての おばあさん」(光村図書)すきな ところを さがして よもう「どっちのおばあさんのほうがすき?」・・・・・・石原厚志
32 2年「ニャーゴ」(東京書籍)気持ちを音読であらわそう・・・・・・岡林千裕
34 3年「つり橋わたれ」(学校図書)叙述を根拠に対話しよう・・・岩立裕子
36 4年「白いぼうし」(教育出版)「キーワード読み」から中心人物の心情を読み取る・・・・・・尾中基浩
38 5年「なまえつけてよ」(光村図書)相互関係の変化から主題を考えよう・・・・・・石井塁
40 6年「サボテンの花」(東京書籍)象徴にせまり、自分の考えをもつ・・・・・・山本純平

全国津々浦々 私の国語教室
42 子どもの「問い」を大切にした国語授業づくり……五十部大暁
45 「あとがき作家」になろう―分析批評の授業に挑戦―……成田悠仁

連載  
48  KATSURA 国語劇場! 国語授業のファシリテーション力……桂 聖
51  青ちゃん 単元工房 読みの系統を意識した指導⑥……青木伸生
54  YANOBE‘s国語授業レシピ 学習のつながりを意識した授業づくり①……弥延浩史
57  国語授業づくり はじめのい~っぽ! 「この物語で、たった一文だけ残すとしたら?」①……白坂洋一
60   わくわく国語教室 物語創作指導その2 4年生……青山由紀

63 教師の必読書・おすすめ教材……平田百合子

64 編集後記・次号予告・子どもの作品解説

登録情報