• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia
  • 定期購読お申込み
  • セット割引商品
  • ベストセラー
  • 板書シリーズ
  • イベントのご案内
  • 動画ライブラリー
  • 電子書籍ライブラリー
即日発送 送料無料 詳しくはこちら
新学習指導要領への学びを深める
学校がもっとすきになる絵本シリーズ
楽々ナビゲーション
板書シリーズ
パターンブロック関連商品
授業のユニバーサルデザイン 関連書籍
一般書籍レーベル TOYOKANBOOKS
LINE@ はじめました!
  • 株式会社 東洋館出版社

    〒1130021

    東京都文京区本駒込5丁目16番7号

    TEL.03-3823-9206(営業部)

  • 会社案内
  • お問い合わせ
    • ツイッター
    • フェイスブック
HOME > 書籍 > 書籍詳細

月刊 理科の教育2019年6月号

月刊 理科の教育2019年6月号

毎号,理科教育界の動向をタイムリーにとらえた特集テーマについての理論と実践を,小・中・高を通じて展開する。さらに,現場に直結した教材研究や実験・観察,指導法の工夫,基礎教養としての入門科学講座など,豊富な話題を提供する。

定価 825円(税込)

著者 一般社団法人日本理科教育学会
出版年月 2019年05月
在庫 品切れ・重版未定
理科の教育
令和元年6月号
通巻803号
2019/Vol.68

【特集】問題解決を改めて問い直す
-理科からの回答-
■編集委員会によるワークショップ報告
2018年8月4日(土)
日本理科教育学会全国大会『理科の教育』第3回公開編集委員会
テーマ:理科教育の「問題解決」を問い直す .................... 5
■ワークショップ参加者による振り返り
●特別活動の問題解決から理科の学びを考える
 -深い学びにつながる学習過程の共通性-  髙橋 信幸 .................. 12
●問題解決のための意思の力-ワークショップでの議論を
 再考することで見えてきたもの-  中野 直人 .................. 15
●問題解決の在り方を振り返る3つの視点
 -社会の問題解決が気付かせてくれたこと-  西澤 宏一 .................. 18
●「この問題を理科みたいに進めていいですか。」
 -児童の姿から見えてきたもの- 前田華奈子 .................. 22
●生活科・総合的な学習の問題解決から理科の問題解決(探究)を考える
  大関 健道 .................. 25
●「 納得解」と「正解」の関係-道徳科における見方・考え方
 「多面的・多角的」に、「原理的」を加える- 飯田 真也 .................. 28
■これからの理科の問題解決への提案
●「 主体的・対話的で深い学び」の視点での提案 高井 英俊 .................. 31
● 答えが定まらない問いに挑む授業
 -生徒も教師も問題解決- 伊藤 悠昭 .................. 34
● 高校化学における問題解決の姿
 -化学基礎「中和」を事例として- 髙橋 祥乃 .................. 38
● 理科の問題解決を問い直すために新たに検討すべき視点とは
 -問題設定場面のあり方と理論と法則を区別した問題解決のあり方に着目して-
川崎 弘作 .................. 41
● これからの時代に対応した新しい理科の問題解決
 -わが国の伝統と国際的な科学教育の潮流を踏まえて- 野添  生 .................. 44

連載講座
●生徒をひきつける観察・実験
水の熱膨張から地球温暖化の影響を考える
伊藤 英樹 .................. 48
●教材研究一直線
羽化の一瞬を捉える
田中 千尋 .................. 50
●教材の隠し味
隔膜レスダニエル電池 髙田 太樹 .................. 52
●図書紹介
『たのしく教師デビュー』(著:高野圭)
山口 晃弘 .................. 54
学会通信 ...........................55
全国大会案内 ...................58
入会案内 ...........................63
バックナンバー
 販売のご案内 ...............66
次号予告 ...........................70

〈今月の表紙〉
フジハムシ
学名: Gonioctena rubripennis
甲虫目カブトムシ亜目ハムシ科。
体長約5mmで、赤い前翅を特徴
とする。
藤の葉に多く集まることからこの名
がつけられた。
新しく伸びた藤の葉に卵を見つけ
ることができる。

表紙写真:片平久央
表紙・本文デザイン:市川衣梨




Society of Japan Science Teaching
SCIENCE EDUCATION MONTHLY
2019/Vol.68/No.803

Problem Solving Is Now Being Questioned :
A Reply from Science
Society of Japan Science Teaching
SCIENCE EDUCATION MONTHLY
2019/Vol.68/No.803
5 ..................Problem Solving Is Now Being Questioned : A Reply from Science
The Report about a Workshop Hosted by Editorial Committee
Theme : To Re-examine “Problem Solving” in Science Education
12 ................To Consider Science Teaching, from the Viewpoint of Problem-Solving of
Special Activities
Nobuyuki TAKAHASHI, Momoyama Upper Secondary School, Kyoto
15 ................Power of Intention for the Problem-Solving
Naoto NAKANO, Elementary School Attached to Nara Women's University, Nara
18 ................Three Points of View That We Look Back on What Problem-Solving Would Be
Like
Hirokazu NISHIZAWA, Elementary School Attached to Hyogo University of
Teacher Education, Hyogo
22 ................Can I Go Ahead with This Problem Like Science ?
Kanako MAETA, Shinogi Elementary School, Iwate
25 ................To Consider the Problem-Solving (Inquisitive) Skills in Science, Viewed from
the Living Environment Studies and the Period for Integrated Studies
Kenmichi OZEKI, Soka University, Tokyo
28 ................Relation Between “Convincing Solution” and “Correct Solution” in Moral
Education
Shinya IIDA, Seirei Christopher University, Shizuoka
31 ................A Proposal That Is Made from the Viewpoint of “Active and Interactive Deep
Learning”
Hidetoshi TAKAI, Baba Elementary School, Kanagawa
34 ................Lessons in Which Students Try to Explore Open-Ended Problems with More
Than One Solution
Hiroaki ITO, Lower Secondary School Attached to Saitama University, Saitama
38 ................The Reality of Problem-Solving in High Chemistry : “Neutralization” in Basic
Chemistry
Sachino TAKAHASHI, Tokyo Kasei Gakuin Junior & Senior High School, Tokyo
41 ................What Is a Viewpoint That Needs to Be Addressed Again, to Re-examine the
Problem-Solving in Science ?
Kosaku KAWASAKI, Okayama University, Okayama
44 ................New Problem-Solving in Science in Accordance with the Changes in the Times
Susumu NOZOE, University of Miyazaki, Miyazaki

48 ...Demonstrations to
Attract Students
50 ...Hot Pursuit of Science
Material Development
52 ...Tips to Spice up
Instructional Materials
54 ...Book review


目次英訳:柿原聖治
A table of contents is translated into
English by Seiji Kakihara.

登録情報