「第8回 算数GGゼミ」 9/26開催!テーマは、つまずきの過程や気持ちを認め合い、発展させていく算数授業!

2021年9月26日 第8回開催!

テーマ: つまずきの過程や気持ちを認め合い、発展させていく算数授業
講 師: 中田寿幸(筑波大学附属小学校教諭)
     青山尚司(筑波大学附属小学校教諭)
開催形態: オンライン開催(Zoomミーティングを利用)

時 程: 09:00-    待機室入室開始(ゼミ室へは09:29から入室できます)
     09:30-09:35 ゼミナール開会のあいさつ
     09:35-10:25 第1部 「つまずきから立ち直る強さを育てるには」 青山尚司
     10:35-11:25 第2部 「つまずきと認められる子どもを育てる」 中田寿幸
     11:25-11:55 質疑応答
     11:55-12:00 ゼミナール閉会のあいさつ

◆第1部 「つまずきから立ち直る強さを育てるには」 青山尚司
 真剣に問題解決に取り組んでいるとき、つまずきにも大きな価値が生まれます。そして、その価値を理解し 合う集団の中では、児童が失敗を恐れずにチャレンジし、対話への参加意識も高まっていきます。つまずきが集団思考の育成につながった事例を紹介し、その価値を中田先生と考えていきたいと思います。(青山)

◆第2部 「つまずきと認められる子どもを育てる」 中田寿幸
子どものつまずきには、子どもなりの考えがあります。その考えは問題を解決しようと考えた結果です。とても素直で、子どもらしい考えが見えてきます。そんな子どもが考えてきた過程やその過程を生み出したときの気持ちを考え、認め合っていくことが、授業を発展させていくことになります。(中田)

参加費合計:2,500円(参加費 2,280円 + システム手数料 220円)

お支払方法:クレジット決済 コンビニ決済 ペイジー決済
      ※コンビニ決済、ペイジー決済について
       ・ご入金後のキャンセル不可。
       ・9月21日(火)までのお申込みに限りご対応させて頂きます。
        その後9月23日(木)まではクレジット決済のみのご対応となります。

お申し込みはこちら(eventpay申込ページに遷移します)


領収証: 申込完了後にお送りする確認メールに領収証のリンクがございます。そこをクリックして各自で印刷願います。

主 催: 東洋館出版社

==
[今後の算数イベントの予定]第9回 算数GGゼミ 2021年10月31日(日)
テーマ: 子どもがつくる めあてとまとめ ――本当の子ども主体の授業を目指して
講 師: 盛山隆雄(筑波大学附属小学校教諭)、大野桂(筑波大学附属小学校教諭)
時 間: 09:30-12:00

第10回 算数GGゼミ 2021年11月28日(日)
テーマ: 教科書を使った楽しい授業のつくり方 ――指導書を見てもうまくいかない理由
講 師: 森本隆史(筑波大学附属小学校教諭)、田中英海(筑波大学附属小学校教諭)
時 間: 13:30-16:00

第11回 算数GGゼミ 2021年12月26日(日)
テーマ: 遊び心を大切にした算数授業 ――ゲームを取り入れた楽しい実践例
講 師: 夏坂哲志(筑波大学附属小学校教諭)、青山尚司(筑波大学附属小学校教諭)
時 間: 09:30-12:00

第12回 算数GGゼミ 2022年1月16日(日)
テーマ: 学力差に向き合う授業のつくり方 ――既習を使うってどういうこと?
講 師: 大野桂(筑波大学附属小学校教諭)、田中英海(筑波大学附属小学校教諭)
時 間: 09:30-12:00

第13回 算数GGゼミ 2022年2月27日(日)
テーマ: 学びを深める3つの振り返り ――次の一手を考える、多様な考えを比較する、知識や思考を整理する
講 師: 中田寿幸(筑波大学附属小学校教諭)、盛山隆雄(筑波大学附属小学校教諭)
時 間: 09:30-12:00

第14回 算数GGゼミ 2022年3月20日(日)
テーマ: 算数好きを育てる おもしろ授業
講 師: 夏坂哲志(筑波大学附属小学校教諭)、森本隆史(筑波大学附属小学校教諭)
時 間: 09:30-12:00

==

[東洋館出版社からのイベント/新刊案内を希望される方]

下記フォームから、無料メールマガジンにご登録頂けます!
https://forms.gle/x5XE8Qmd7axHir7L8