最新の記事

5分で分かるトークトレーニング あたたかく「聞き合える」クラスをつくる - 東洋館出版社

5分で分かるトークトレーニング あたたかく「聞き合える」クラスをつくる

今月の5分で分かるシリーズは、溝越勇太先生(東京都・日野第七小学校)に、子どもたちが心を開いてお話を聞き合えるようになり、毎日楽しく実践できるトークトレーニングについてご提案いただきました。 友達のお話を受動的に聞くだけではなく、能動的に「聴く」「訊く」力も育むことで、クラスのあたたかい人間関係を育てていきましょう。
「漢字マスターカード」で目指す、主体的な漢字学習!! - 東洋館出版社

「漢字マスターカード」で目指す、主体的な漢字学習!!

今月の5分で分かるシリーズは、スキマ時間でできる、子どもたちが主体的に漢字を学びたくなるような方法を、古沢由紀先生(大阪府・大阪市立柏里小学校)にご提案していただきました。 ご紹介する「漢字マスターカード」は、子どもたちがすぐに取り組める簡単さと、理解度に合わせて調整ができるため、漢字が苦手な子でも楽しく取り組めることに特徴があります。 ゲーム感覚でアクティビティとしても取り入れやすいため、温かい教室づくりにも役立つでしょう。
単元を通して継続したい「問い」の意識 ~2年生「お手紙」「どうぶつ園のじゅうい」の実践から~ - 東洋館出版社

単元を通して継続したい「問い」の意識 ~2年生「お手紙」「どうぶつ園のじゅうい」の実践から~

今回の5分でわかるシリーズは、子どもたちに単元を通して継続して意識することのできる問いの工夫について、佐藤亜耶(白河市立白河第二小学校)先生に提案していただきます。叙述に基づいて、子どもたち自身が問いの根拠を見つけ、考えることは国語の学習において大切なことです。2年生の「お手紙」「どうぶつ園のじゅうい」の教材を例に、授業においての「問い」づくりを一緒に考えていきましょう。
5分で分かる指導技術 言葉への見方・考え方を広げる詩の授業 - 東洋館出版社

5分で分かる指導技術 言葉への見方・考え方を広げる詩の授業

今月の5分で分かるシリーズは、三笠啓司先生(大阪教育大学附属池田小学校)に「言葉への見方・考え方を広げる詩の授業」についてご提案いただきました。視写や音読を活用し、子どもたちが言葉への見方・考え方を広げる詩の授業展開について、1・4・6年生の教材を例に解説いただきました。詩の授業に不安感のある先生方、ぜひ一緒に学びましょう。
5分で分かる指導技術 子どもの理解を促進する動作化のスキル - 東洋館出版社

5分で分かる指導技術 子どもの理解を促進する動作化のスキル

今月の5分で分かるシリーズは、子どもの理解を促進する動作化のスキルについて、小崎景綱先生(さいたま市立浦和別所小学校)に提案していただきます。 叙述を動作化することで、場面の様子や情景はもちろん、登場人物の気持ちや心情の変化にも気付きやすくなり、読解に支援が必要な子どもたちにとっての手だてにもなります。 どのような動作化が考えられるのか、定番教材を例に挙げて考えていきましょう。
5分で分かる指導技術 「自分事の学び」を創り出す「教材との出会い」の演出 ~説明文編~

5分で分かる指導技術 「自分事の学び」を創り出す「教材との出会い」の演出 ~説明文編~

子どもが「『学び』と『自分』との接点」を見出す教材との出会いとは何か、4年生で扱う2教材での実践の具体をもとに、一緒に学び、考えていきましょう。
子どもが学びを深める「ICT活用」の指導技術

子どもが学びを深める「ICT活用」の指導技術

「ICTをただ使うだけになってしまっている……」「有効的にICT活用できているか不安……」という先生方も多いのではないのでしょうか。ICTの機能を改めて整理し、具体的な授業アイデアをもとに、本当に「有効なICT活用」について一緒に考えていきましょう。
5分で分かる縦書き板書

5分で分かる縦書き板書

「黒板に文字を書いていると、だんだん斜めに曲がってしまう……」「縦書きだと特にまっすぐ書けない……」と悩む先生方必見! 一緒に、板書時の体の使い方を学びましょう。
「学びの本質」に直結する話し合い指導 - 東洋館出版社

「学びの本質」に直結する話し合い指導

今月の「5分で分かるシリーズ」は指導技術をテーマに、「話し合い活動」について学びます。話し合いは授業において「学びの本質」に直結する大切な機会です。
5分で分かる授業スキル|読むことの単元づくりと「言語活動」

5分で分かる授業スキル|読むことの単元づくりと「言語活動」

今月の「5分で分かるシリーズ」は授業スキルをテーマに、「言語活動」について学びます。 国語科の授業に欠かせない「言語活動」を、子どもが自ら「やってみたい」とこれまでの学びを生かして取り組めるように設定するにはどうしたらよいか、悩む先生も多いのではないでしょうか。山田秀人先生(宜野湾市立大山小学校)には、言語活動設定のポイントと具体的な授業アイデアを提案していただきました。
子どもの1年間の学びを「横系統」でデザインする

5分で分かる指導技術|形式的な学習形態ではない「ペア対話」のスキル

今月の「5分で分かるシリーズ」は、形式的な学習形態ではない「ペア対話」のスキルについて学びます。話し合いの場面で「とりあえずペア対話」になってしまう、ペア対話での話し合いが活発にならないなど、悩む先生方も多いのではないでしょうか。大江雅之先生(八戸市立中居林小学校教頭)には、ペア対話の基本から、効果的な取り入れ方など、国語授業に欠かせない「生きたペア対話」を目指すコツについてご紹介いただきました。
子どもの1年間の学びを「横系統」でデザインする

子どもの声を育てる「音読」のスキル

今月の「5分で分かるシリーズ」では、子どもの声を育てる「音読」のスキルについて学びます。 授業や宿題で取り組む音読も、目的やその効果を意識することが、子ども一人ひとりの声を育てていくうえで大切になります。弥延先生には、マンネリ化を防ぐ音読の様々な形態についてもご紹介いただきます。