本日、新刊【希望の教育】が下村博文文部科学省大臣の会見にて紹介されました。

また、文部科学省からもプレスリリースをいただきました。(下添付)

東日本大震災から3年。震災からの復旧・復興を超えて、未来の日本、未来の世界のモデルとなるべく、様々な実践を積み上げてきた東北。文部科学省の復興担当者が、3年間東北をめぐる中で出会った子どもたちや先生方60名の声と、20の実践をルポタージュした。閉塞感から脱却していく先生や子ども達の姿、持続可能な地域を実現する新しい教育の動きがこの1冊にまとまっております。是非ご一読ください。