面白い国語の授業をつくろう

0 comments

面白い国語の授業をつくろう - 東洋館出版社

子どもは、小学校に入学したときから、日常会話に困らない程度の話し言葉は身に付けているし、絵本を読める子もいます。そんな子どもたちに、国語の授業では週9時間かけて、何を教えていく必要があるのでしょうか?

算数なら、足し算や引き算ができたとか、かけ算九九を覚えたとか、子どもは何かしらの達成感をもちながら授業に取り組みます。新しい発見がある、新しい知識を身に付けた、そういったことを子ども自身が実感できると、「勉強した」という気になるのでしょう。
 さて、国語はというと、はじめに書いたような実情ですから、子どもは、なかなか新しい発見や知識の習得を実感できずにいます。子どもにとって、国語の授業が「知っている・できる」の連続であれば、しかもそれが1日2時間もあると、「たいくつ・つまらない」という感想になるのも無理はないでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか? 「国語の勉強とはそういうものだ」と教師も自分に言い聞かせ、子どもたちにもそのように思わせて進んでいくことは、これから先の6年間を思うと、得策ではないことは明らかです。
 国語の面白さを子どもに実感させたい。子どもに、「次は何をやるのかな?」「次はこんなことしてみたい」という期待感をもたせたい。そのためには、どのような考え方で、どのように授業をつくればよいのでしょうか。

この答えは、1つではないし、算数の公式のように簡単に導き出せるものではありません。これから、私の個人的な考えを紹介しつつ、自分自身でも国語の授業のあり方について考えたいと思います。
まずは仮の結論です。国語の面白さとは何か? 1つにはまとまりませんが、次のようなことではないでしょうか。

  • 身に付けた言葉の力を使って、自分の言いたいこと、伝えたいことを相手に伝えられる
  • 目の前にある情報を受け止め、それについて考えることができる
  • 素敵な言葉に出会って、心を震わせられる
  • 自分の使える言葉が増えていくことが実感できる

ううむ、書きながら、まだこれだけではない気がしています。もっと他の言い方で書き表した方がいい気もしてきました。国語の面白さを端的に表現するのは難しいものです。
でも、一度立ち止まって、自分なりに考え、自分の言葉にしてみることは必要であり、大切なことではないか、とも思います。

では、1で書いた「国語の面白さ」を子どもにはどのように伝えればよいのでしょうか? 子どもに伝えるというよりは、子ども一人ひとりが感じ取ってもらわないと意味がありません。いくら教師が「国語ってこんなに面白いんだよ」と説明しても、それは子どもには伝わりません。

国語の面白さを授業で子どもに実感してもらうために、大きく次の2つのことを考えました。

  1. 子どもの頭の中にある「言葉の棚」を整理整頓すること
  2. 子どもがもっている言葉の力を発揮する場をつくること

便宜上、1)、2)と示しましたが、これは順序を示すものではありません。むしろ、同時に双方向に行われていくことが理想的なのだろうと思います。

では、それぞれについて、どういうことかを説明していきたいと思います。

子どもは生まれてから今まで、実に様々な言葉にふれて育ってきました。その経験を通して、「自分の言葉の体系」を頭の中にもっていると思います。脳科学について詳しく学んでいるわけではありませんが、おそらく人間の脳は、言葉に関する知識を、かなり頭の中・脳の中で整理して格納しているはずです。人間として、「日本人のもつ日本語の言葉の体系」として、かなりの部分は整理されていることでしょう。同時に、その人の育ってきた環境に応じた、「その人ならではの言葉の世界」もあるはずです。こちらはかなり個別で、個人的な言葉の知識の格納になるでしょう。

国語の学習は、こうした「人として共通の部分」と「環境に応じた個人的な部分」の知識をもちあわせている子どもたちが一つの教室に集まって学ぼうとしている、という前提の上で行われているのです。言い方を換えれば、これが言葉の学びにおける、子どもの「資質」であり、その子どもならではの、「言葉による見方・考え方」に通じるものなのでしょう。国語の授業は、子ども一人ひとりがもつ言葉の世界を出し合い、すりあわせて、教室の中で子どもの頭の中にある「言葉の棚」を整理整頓していく作業であると考えることができます。

たとえば、1年生で「言葉集め」の授業をします。まず教師が板書するのは、次のような言葉です。

「ささ」   「しし」   「すす」 

さて、どのような言葉を集めているか分かりますか? これは、クラスの子どもたちにも、「先生が、これから集める言葉を書きます。どのような言葉を集めるのか、分かったら教えてくださいね」とクイズ形式で出題します。

子どもたちは、いろいろな発想でクイズの答えを考えます。「さしすせそ」がつく言葉、二文字の言葉など。・・・・・・正解は「笹」「獅子」「煤」。そうです、同じ文字が二つ重なって、意味のある言葉になるものです。

正解が分かったところで、「では、これから2分間で言葉集めをしてみましょう。今日集めるのは、同じ字が二つ重なって、意味の分かる言葉ですよ。よーい、はじめ」と、こうして言葉集めが始まります。いきなり発言させるのではなく、まずはノートに書いていきます。ひらがなを書く練習にもなります。2分後に、書けた言葉を発表してもらいます。

子どもに教えてもらった言葉は板書します。その言葉を知らない子どももいるので、「○○って何?」とつぶやける子どもがいたら、みんなでその言葉の意味を確かめることができます。もし、その意味を知っている子どもがいたら説明してもらいます。

同じ文字を重ねてつくる言葉には「はは、ちち、つつ、もも」などたくさんあります。こうした言葉を出し合う中で、語彙を増やし、言葉の世界を広げているわけです。そして同時に、「同じ文字を重ねてできている言葉がある」という、一段階抽象度を上げた知識をもつのです。これが、「言葉の棚」を整理する一つの例です。

漢字を覚えるときも同じような授業ができます。新出漢字を一つひとつバラバラに教えていると、時間がいくらあっても足りません。漢字の組み立てに注目して、そこで使われている「共通部分」に目をつけると、仲間分けができて、整理しながら覚えることができます。そのために、ある程度漢字を学習したあと(2年生ぐらいからが適当でしょう)、漢字の足し算の式をつくらせるようにしています。

例えば、「休=イ+木」というように。漢字を、それを組み立てるパーツで見るという目を育てます。これができると、画数の多い複雑な漢字も、いくつかの部品に分解して覚えることができます。

今までに書いてきたことは、文字レベル、単語レベルの整理整頓の例でしたが、こうした整理を、「読むこと」の学習にも取り入れていけばよいのです。

物語を学習するときには、登場人物がいて、その中の誰かが大きく変わる。一番大きく変わる人物を中心人物という、中心人物が大きく変わったと分かる瞬間がクライマックスだ、など「読むための目のつけどころ」をもつと、他の物語文を読むときにそれが使えます。「大きなかぶ」や「ごんぎつね」だけに詳しくなっても、それだけでは、次の物語作品を自分で読む力にはなっていないことがあるのです。いろいろな文章を自分の力で読むために必要な「目のつけどころ」を整理しながら頭の中に入れていくことが、国語の授業なのです。これは、説明文を読むときも同じです。

子どもは様々な表現方法を身に付けています。例えば、赤ちゃんはお腹がすいたら泣き、おむつが濡れて気持ち悪ければ泣くという表現方法があります。それが、言葉を使えるようになると、国語の授業で習わなくても、自分で自分のしたことの訳を「だって・・・・・・」と言えるようになります。
国語の授業では、こうした子どもの表現方法をさらに豊かに広げていきます。面白かった物語を紙芝居にして他の学年に紹介したり、ポスターにまとめてその面白さを伝えたり、今まで読んできた物語の中で、気に入ったものをいくつか選んで新聞にまとめたり。子どもは様々な言語活動を経験しながら、自分の思いや考えを表現するすべを増やしているのです。説明文を学習したら、自分の意見を頭括型で書いたり、尾括型で書いたりします。書くこと以外にも、対話してみたり、スピーチをしてみたりしながら、表現力を磨いていきます。こうした一つひとつの言語活動の経験が、その子どもの力になっていくのです。

ですから、国語の授業では、子どもに様々な表現活動の場を与えることが必要です。準備や発表に何時間もかかるような大がかりな活動でなくても、短時間に、その場でできるような、コンパクトなアウトプットの活動を積み重ねていけるとよいと思います。言語活動の経験も、積み重ねるにつれて、頭の中で整理されていくことでしょう。そして、「こういうときには、このような活動で表現すると効果的だ」と、自分の表現したい内容や目的、相手に合わせて活動を選択・決定できるようになるでしょう。

文章を読む時に「ここに目をつけて読みたい」と、自分の身に付けてきた「目のつけどころ」を選択して学習できたら、子どもはもっと主体的に動き出すかもしれません。そして、自分の理解を、自分が選んだ方法でアウトプットできたら、「また次もやってみたい」「次はこんなことをしてみたい」と、意欲をもって次の活動に取り組もうとするかもしれません。こうした活動の積み重ねが、国語の面白さにつながっていくのではないでしょうか。

何より大切なことは、子どもに任せてやらせてみること。そして、失敗してもいいのだ、上手くいかなかったらまた次に頑張ろう、という気持ちをもたせることです。失敗から学べる子ども、試行錯誤できる子どもは、たくましい学び手です。私たちは、テストで点の取れる子どもはなく、壁に当たってもそれに立ち向かい、何とかしようとチャレンジする子どもを育てたいものです。

青木伸生(あおき・のぶお)

筑波大学附属小学校国語科教諭

全国国語授業研究会会長/日本国語教育学会常任理事/教育出版小学校国語教科書編集委員

コメント

No comments

コメントを投稿する
メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

Login

Forgot your password?

Don't have an account yet?
Create account