音読・暗唱テキスト上級 「声に出して読む」ということ

音読・暗唱テキスト上級 「声に出して読む」ということ

セール価格1,210(税込)
在庫切れ
- ポイント/円 還元

(税込)

筑波大学附属高等学校国語科/著

この冊子の使い方(1)

この冊子の使い方(2)



現代文編

牛飼が/短歌八首

桐一葉/俳句八句

訳詩集『海潮音』

君死にたまふことなかれ/与謝野晶子

竹/萩原朔太郎

作品第肆/草野心平

たけくらべ/樋口一葉

武蔵野/国木田独歩



古文編

東歌・防人歌

三夕のうた

今様歌をうたう

やまとうたは/『古今和歌集』仮名序

西の対に住む人/『伊勢物語』

斎垣を越えて/『源氏物語』

短連歌で愛をかわす/『和泉式部日記』

思いを託して/『平家物語』

夏草や兵どもが夢の跡/『おくのほそ道』

一芸一能だからこそ/『鶉衣』



漢文編

桃の夭夭たる/無名氏「桃夭」

轔轔 馬蕭蕭/杜甫「兵車行」

馬を走らせて 西来 天に到らんと欲す/岑参「磧中作」

別れに臨みて 殷勤に重ねて詞を寄す/白居易「長恨歌」

中たらずと雖も遠からず/『大学』

百戦殆ふからず/『孫子』

学ぶに暇あらずと謂ふ者は/『淮南子』

之を知るを之を知ると為す/『論語』

春夜桃李園に宴するの序/李白

コラム

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。