改訂新版 講座 算数授業の新展開 第3学年

著者 新算数教育研究会 編著
販売価格2,970 (税込)
- ポイント/円 還元
Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

 

お待たせしました。
平成29年小学校学習指導要領に対応した新しい算数授業の理論と実践をついに刊行します!

「平成29年小学校学習指導要領 算数編」の作成協力者が中心となって編集・執筆!!
算数教育を常にリードしてきた大学・小学校の先生たち、総勢208名が参加した一大シリーズです。

ポイント1 新しい指導要領は、何がどう変わったのかを徹底解説!

学習指導要領の改訂にも関わられた先生方による指導のポイントを解説。資質・能力を育てることを意識して授業をどう改善していくのか、新領域になることでどのような指導をしていけばよいのかを各学年に合わせて記載しています。

 

ポイント2 全国から集まった豪華執筆陣による、各学年を網羅した実践!

北は北海道、南は沖縄まで、新算研が誇る全国の支部より集結した算数の実践者たち、その数130名! 各学年の内容を網羅するため、20以上の実践を執筆。「資質・能力」を育むための授業づくり、「数学的な見方・考え方」を働かせた「数学的活動」の内容、「主体的・対話的で深い学び」の視点など、授業改善のためのポイントを盛り込んでいます。

 

ポイント3 授業の詳細が分かる、見やすい板書と指導コメント!

本書は2色刷りにすることで、授業の展開から板書までより見やすくなるようにレイアウトされています。板書は、見開きにわたって大きく配置することでより細かなポイントまで知ることが可能。さらに、本書の最大の売りは、大学の先生及び小学校の校長先生が中心となって各実践に対して、指導コメントをつけていること。これにより、各実践の見方がより詳細に分かるようになっています。


新算数教育研究会 会長 清水静海(帝京大学)

『講座 算数授業の新展開』編集委員会
金本 良通(日本体育大学・編集委員長) 
池田 敏和(横浜国立大学)
齊藤 一弥(島根県立大学)
清水 美憲(筑波大学)
二宮 裕之(埼玉大学)
蒔苗 直道(筑波大学)

著者 新算数教育研究会 編著
読者対象
出版年月 2019-06-20
ページ数 220
ISBN 9784491036878
在庫 在庫あり

講座 算数授業の新展開 3(第3学年) 目次

はじめに……………………………………………………………………1

Ⅰ 育成を目指す資質・能力に基づく算数教育と第3学年の指導の重点………5
育成を目指す資質・能力に基づく算数教育と第3学年の指導の重点…………………6
授業改善に向けて……………………………………………………………………12
第3学年の目標及び指導内容の重点…………………………………………………16

Ⅱ 第3学年の主要内容とその指導………………………………………………21
A 数と計算…………………………………………………………………………………22
B 図形………………………………………………………………………………………28
C 測定………………………………………………………………………………………32
D データの活用……………………………………………………………………………36

Ⅲ 算数授業の新展開………………………………………………………………41
1.基になる数を変化させて考える
―ある数を10 倍,100 倍,10 でわった数―……………………………………………42
 [単元]10000 より大きい数
2.十進位取り記数法を基に数の世界を広げていく
-3位数+3位数の筆算-…………………………………………………………………50
 [単元]整数の加法・減法
3.数のきまりを見いだし活用する……………………………………………………………58
 [単元]減法の筆算
4.見方・考え方を働かせる数学的活動で意味を理解する
―等分除(1つ分の大きさを求める除法)―……………………………………………66
 [単元]整数の除法
5.包含除を根拠に,等分除を除法として統合的に捉える…………………………………74
 [単元]整数の除法
6.図を活用し,きまりを見つける
-余りの大きさで分類-…………………………………………………………………82
 [単元]余りのある除法
7.自ら問いをもち,対話と体験を通して学びを深める……………………………………90
 [単元]分数の意味と表し方
8.整数のときと同じように考えて計算する
-小数の減法-………………………………………………………………………………98
 [単元]小数の意味と表し方
9.数量関係に着目して表現する
―数量の関係を表す式―…………………………………………………………………106
 [単元]□を使った式
10.協働的問題解決で図形の特徴を捉える
―二等辺三角形・正三角形の分類―……………………………………………………114
 [単元]二等辺三角形・正三角形
11.「問う」ことを通して図形に対する感覚を豊かにする………………………………122
 [単元]二等辺三角形・正三角形
12.直観を基に,定義や性質を用いて実証する
―円に内接する正三角形のかき方―……………………………………………………130
 [単元]二等辺三角形・正三角形
13.正方形や円のコマを回すことから円の特徴を見いだす………………………………138
 [単元]円と球
14.問題場面から円を見いだし活用する
―円の性質や作図の技能を生かして―…………………………………………………146
 [単元]円と球
15.地図を活用して1㎞の長さを推測する
―長さの単位と測定―……………………………………………………………………154
 [単元]長さ
16.重さの比べ方を考え,表し方を見いだす
―重さの単位を使い分ける―……………………………………………………………162
 [単元]重さ
17.単位間の関係を統合的に考察する
―長さ,重さ,かさの単位―……………………………………………………………170
 [単元]メートル法の単位の仕組み
18.数学的な見方・考え方を働かせ活用力を高める
―必要となる時刻の求め方―……………………………………………………………178
 [単元]時刻と時間
19.データを活用し,表や棒グラフで表現する……………………………………………186
 [単元]表と棒グラフ
20.身の回りの事象について棒グラフを用いて考察する…………………………………194
 [単元]表と棒グラフ
21.人の数とその間の数との関係に目をつける
―「植木算」の学習を通して―…………………………………………………………202
 [単元]思考力を深める問題
22.簡単な図に表し,きまりを見いだす
―一筆書きの秘密―………………………………………………………………………210
 [単元]発展的な問題


編集委員会一覧………………218
執筆者一覧………………219

過去に見た商品