• 書籍一覧
  • 雑誌一覧
  • ベストセラー
  • パターンブロック
  • manavia

授業のユニバーサルデザイン わかる・できる 関連書籍

授業のユニバーサルデザイン わかる・できる 関連書籍

全員が楽しく・アクティブに学ぶ授業へ!
授業のユニバーサルデザイン × アクティブ・ラーニング 特集!

授業のユニバーサルデザイン Vol.9

授業のユニバーサルデザイン入門

注目の特別鼎談では、学習指導要領改訂に大きな役割を果たす田村学氏(文部科学省)と奈須正裕氏(上智大学)、そして日本授業UD学会理事長の桂聖氏(筑波大学附属小学校)が新しい学びの方向性について論じる。

「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けたアクティブ・ラーニングをクラス全体でどのように実現するか、また授業のユニバーサルデザインの取り組みが深い学びの達成にどうつながるか、など、学習指導要領改訂後を見据えたトピックが満載。

注目論考

深い学び」へ向かう授業UDの可能性(奈須正裕)

アクティブ・ラーニングの視点と育成を目指す資質・能力(田村学)

授業UDの考え方・進め方(桂 聖)

座談会

授業のユニバーサルデザインとアクティブ・ラーニング(田村学 × 奈須正裕 × 桂聖)

定価 2,268 円 (税込)

わかる・できる 関連書籍

わかる・できる 関連書籍

教科教育に特別支援教育の理念や視点を取り入れ、子どもたち全員が楽しく学び合い「わかる・できる」授業づくりと教師の授業力向上を目指す、『授業のユニバーサルデザイン』についての書籍をまとめました。

※授業のユニバーサルデザイン研究会は2016年2月より日本授業UD学会になりました

授業のユニバーサルデザイン まずはこの本を! 入門書・学級づくり

授業のユニバーサルデザイン入門

授業のユニバーサルデザイン入門

授業のユニバーサルデザインの原点をみつめ、理念、手法、具体的な実践例をわかりやすく紹介。授業ライブを元にユニバーサルデザイン化のための14の視点を解説。明星大学教授・小貫悟と筑波大学附属小学校・桂聖の対談「教科教育と特別支援教育をつなげる」を収録。

詳細はこちら

通常学級のユニバーサルデザイン プランZero2 授業編

通常学級のユニバーサルデザイン プランZero2

テーマは授業づくり。どの子も授業に夢中になる!先生の悩みを解決へ導く5つのテクニックと15の実践アイデアを収録。
授業でどのように有効か、特別支援教育の視点も含めて明らかにします。子どもの反応から作る授業のアセスメント、子どもの視点から検証する重要性にも言及。

詳細はこちら

通常学級のユニバーサルデザイン プランZero

通常学級のユニバーサルデザイン プランZero

周囲が変わればその子も変わる。どのクラスにも6.5%いるという、特別な支援を要する子。その周囲にいる子を4タイプに分け、発達が気になる子だけでなく、両方への対応法を紹介。
学級づくりケース30を収録した具体的実践書。視野を広げて子どもたちをみることの重要性を呼びかけます。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザインを目指す 「安心」「刺激」でつくる 学級経営マニュアル

授業のユニバーサルデザインを目指す 「安心」「刺激」でつくる 学級経営マニュアル

学級経営は授業のユニバーサルデザインの土台です。子どものタイプに合わせた関わり方のコツを解説。「安心」と「刺激」2つのバランスに注視し、落ち着きと居心地の良さ、チャレンジできる環境をもたらします。学校の1日の流れを時系列で追い、温かな雰囲気の学級経営づくりを提案します。

詳細はこちら

通常の学級担任がつくる 授業のユニバーサルデザイン

通常の学級担任がつくる 授業のユニバーサルデザイン

「わかる」とはどういうことか?特別支援教育の視点から教科の本質を教える提案をします。国語・算数の授業づくりから、授業のユニバーサルデザインを説明します。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン 各教科の入門書!!

国語授業のユニバーサルデザイン

国語授業のユニバーサルデザイン

特別支援教育の考え方を、国語授業づくりに生かす実践書。焦点化、視覚化、共有化という授業のユニバーサルデザイン3つのポイントを解説。説明内容の指導だけでは不十分な説明文を、説明内容・説明方法・論理の3つに分けて指導。写真で見る授業「ヤドカリのすみかえ」を収録。

詳細はこちら

社会科授業のユニバーサルデザイン

社会科授業のユニバーサルデザイン

仲良くなりながら、わかる・できる!社会的見方・考え方を身につける、具体的な活動内容を紹介。間口の狭い質問、資料加工のポイント、予想にウエイトをかけるなどの、すぐに使えるアイディアを実践を交えて提案!

詳細はこちら

算数授業のユニバーサルデザイン

算数授業のユニバーサルデザイン

クラス全員が楽しく参加できる、「数学的な見方・考え方」 が身につく、算数授業の考え方が詰まった1冊。授業を焦点化、視覚化、共有化、そしてオープンにする。子どもを引きつけ算数の楽しさを実感させる、10の「しかけ」を提案。

詳細はこちら

道徳授業のユニバーサルデザイン

道徳授業のユニバーサルデザイン

道徳授業では身体表現化を活用。3つのねらい『わかる・伝える・前向きな気持ちをもつ』を「まどガラスと魚」を例に詳しく説明。これまでの道徳教育の各種方法を整理しつつ、発達障害の有無にかかわらず、すべての子どもが楽しく『考える・わかる』ような工夫を論理的に解説。

詳細はこちら

国語授業の全時間指導ガイド 全6巻

クラス全体への指導の工夫、発達障害のある子への、個別の配慮の具体的内容を、該当教材の単元すべてにわたって記載。
単元計画に加え全文掲載で解説する教材の見方、毎時間の授業デザインを、板書と発問でわかりやすく説明しています。

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 1年

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 1年

子ども全員が、楽しく「わかる・できる」国語授業をつくるには、「焦点化・視覚化・共有化」の観点から「指導の工夫」と「個別の配慮」が必要です。「おおきな かぶ」「ゆうだち」などの文学教材、「どうぶつの赤ちゃん」などの説明文教材を各3本ずつ、板書と気になる子への配慮も含め詳細に解説しました。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 2年

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 2年

国語科教育に特別支援教育の視点を取り入れ、全員がわかる・できる具体的な指導法を提案する本シリーズ。2年生は「スイミー」「お手紙」などの文学教材、「たんぽぽのちえ」などの説明文教材を各3本ずつ取り上げます。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 3年

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 3年

3年生は「ちいちゃんのかげおくり」の文学教材、「すがたをかえる大豆」の説明文教材などを各3本ずつ取り上げます。教材解釈、単元計画を全文掲載収録し、毎時間の授業デザインを板書と発問でやさしく展開しています。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 4年

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 4年

4年生は「ごんぎつね」などの文学教材、「アップとルーズで伝える」などの説明文教材を各3本ずつ取り上げます。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 5年

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 5年

5年生は「大造じいさんとガン」などの文学教材、「天気を予想する」などの説明文教材を各3本ずつ取り上げます。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 6年

授業のユニバーサルデザインを目指す 国語授業の全時間指導ガイド 6年

6年生は「海の命」などの文学教材、「『鳥獣戯画』を読む」などの説明文教材を各3本ずつ取り上げます。

詳細はこちら

スタートブック

特別な支援が必要な子どもにも、わかりやすい授業をしたい。クラス全員が楽しくわかる・できる、授業のユニバーサルデザイン。
その基本的な考え方となる、教科教育と特別支援教育2つの視点のコラボレーション。公立学校発の多彩な授業実践例を網羅。
本書を片手に、今日から授業が変わります!

スタートブック 文学授業のユニバーサルデザイン

スタートブック 文学授業のユニバーサルデザイン

発達障害のある子どもも一緒に学ぶ、授業の理論と実践を解説。「モチモチの木」などの物語文の授業展開を、板書も含め全学年まんべんなく網羅。

詳細はこちら

スタートブック 説明文授業のユニバーサルデザイン

スタートブック 説明文授業のユニバーサルデザイン

発達障害のある子どもも一緒に学ぶ、授業の理論と実践を解説。「鳥獣戯画を読む」などの説明文の授業展開を、板書も含め全学年まんべんなく網羅。

詳細はこちら

教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法

「先生、おかしいよ!だって…」と、「しかけ」で子どもが自ら動き出す!10の具体例をBeforeとAfterでビジュアル解説。国語授業のユニバーサルデザイン化を目指す強力な指導法。
「しかけ」を使った授業の流れ・発問・板書まで授業実践すべてがこの1冊に!

教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法 文学アイデア50

教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法 文学アイデア50

例えば、登場人物のセリフの一部を隠して提示します。すると、そこにどんな言葉が入るのか子どもは気になって仕方ありません。
教材の「しかけ」は子どもの意欲や発想を引き出すカンフル剤なのです。そんな「しかけ」を文学を教材に10の分類にもとづき、50のアイデアで紹介します。

詳細はこちら

教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法 説明文アイデア50

教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法 説明文アイデア50

例えば、一つの段落を隠した教材を提示します。すると、どこがおかしいのか、どんな内容が入ればよいのか、子どもは発言したくて仕方なくなります。そんな「しかけ」を説明文を教材に10の分類にもとづき、50のイデアで紹介します。

詳細はこちら

論理が身につく 「考える音読」の授業

文章をすらすら読むこと、場面やあらすじ、意味段落、全文の確認、それだけでは国語の力は身につきません。文章の内容を思い描き、論理構造をつかむための「考える音読」を提案。楽しくて力のつく実践アイデアを紹介します!

論理が身につく「考える音読」の授業 文学アイデア50

論理が身につく「考える音読」の授業 文学アイデア50

文学授業で通常行われている、場面やあらすじの確認音読では、場面の様子を思い描き、人物の心情を想像しながら読むことは困難です。文学教材の音読の大きな可能性を、具体的に50の方法で提案し、子どもたちの言葉へ着目する力と自信につなげる実践書です。

詳細はこちら

論理が身につく「考える音読」の授業 説明文アイデア50

論理が身につく「考える音読」の授業 説明文アイデア50

説明文授業で通常行われている、意味段落や全文の確認音読では、説明内容をイメージしたり、論理構造に着目しながら読むことは困難です。説明文教材の音読の大きな可能性を、具体的に50の方法で提案し、子どもたちの言葉へ着目する力と自信につなげる実践書です。

詳細はこちら

日本授業UD学会 刊行書籍

授業のユニバーサルデザインとは、特別支援が必要な子を含めて、通常学級の全員が、楽しく学び合い『わかる・できる』ことを目指す授業デザインです。「授業のユニバーサルデザイン研究会」を受け継ぎ、2015年「日本UD学会」が設立されました

授業のユニバーサルデザイン Vol.8

授業のユニバーサルデザイン Vol.8

保存版!授業のユニバーサルデザイン基本キーワード。中学校での取り組み。日本UD学会設立後、初の2016年刊行!

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.7

授業のユニバーサルデザイン Vol.7

インクルーシブ教育Q&A、インクルーシブ教育につながる授業実践など、今、授業でインクルーシブ教育を実践していくための考え方、手立てが満載の内容。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.6

授業のユニバーサルデザイン Vol.6

特集1では授業のユニバーサルデザインの校内研修・授業研究の進め方を、特集2では算数授業のユニバーサルデザインを特集。

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.5

授業のユニバーサルデザイン Vol.5

今回は文学の授業づくりと理科授業について具体的に言及!

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.4

授業のユニバーサルデザイン Vol.4

国語授業の「説明文」に焦点を絞った授業づくりを提案。 さらに先進的な公立学校での取組なども紹介!

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.3

授業のユニバーサルデザイン Vol.3

算数授業における授業のユニバーサルデザインを取り上げます。 社会科、音楽科における授業づくりも提案!

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.2

授業のユニバーサルデザイン Vol.2

学級活動など教室での活動に関連した具体的な支援を15の事例とイラストを用いて解説。さらに桂先生による国語の提案授業を写真を交えて紹介!

詳細はこちら

授業のユニバーサルデザイン Vol.1

授業のユニバーサルデザイン Vol.1

クラスの子ども全員が笑顔で「わかった!」と声を上げる授業。その具体例がこの1冊に詰まっています。

詳細はこちら