生活・総合アクティブ・ラーニング

生活・総合アクティブ・ラーニング

セール価格2,200(税込)
- ポイント/円 還元

田村 学/編著、みらいの会/著

数量:
在庫あり

 

平成26年11月、中教審諮問においては、「『何を教えるか』という知識の質や量の改善はもちろんのこと、『どのように学ぶか』という、学びの質や深まりを重視することが必要であり、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)や、そのための指導の方法等を充実させていく」として、「学習指導要領等において学習・指導方法をどのように教育内容と関連付けて示していくか」を明らかにしていくと提起されている。

本書の編著者である田村学氏は、長年生活科・総合的な学習の時間の文部科学省教科調査官(現・視学官)を務め、次期学習指導要領改訂の要となるアクティブ・ラーニングにつながる理論と実践を積み上げてきた一人である。

本書においては、田村学視学官が代表を務める「みらいの会」の先生方の先進的な授業実践を検証し、12のアクティブ・ラーニング・モデルにとりまとめて提示した。授業におけるアクティブ・ラーニングのとらえ方・進め方がわかる1冊
田村視学官の理論的体系を1冊にまとめた『授業を磨く』とともに併読してほしい。

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。