その子は、なにを描こうとしたのか?

その子は、なにを描こうとしたのか?

セール価格2,090(税込)
- ポイント/円 還元

岡田 京子/著

数量:
在庫あり

本書は、小学校図画工作科の専門家である岡田京子先生
(東京家政大学教授/前・文部科学省教科調査官)が
ファシリテーターとなり、厳選した13枚の小学生の絵を、
50名を越えるさまざまな人(幼稚園生、小学生、中学生、大学生、留学生、
いろんな国の人たち、地域の人たち、図画工作教育関係者、保護者など)と一緒に見ながら
子供がどんなことを感じ、考え、思い描きながらその絵を描いていったか」を
みんなで想像し、探っていった旅の記録です。

本書では、基本的に一つの作品に対して、
前半・後半に分けて2つのグループによるトーク
(1 トークにつき6ページ×2グループ)を収録しています。

同じ作品でも、見る人によって見方や考え方はこんなに違う
ご自身の属するコミュニティやそのグループの性質ならではの
発言もたくさん飛び出します。いろんな視点を眺めつつ、
「自分ならどう見るかな」と考えてみていただけたら、
きっと楽しくなってくるはず!


「子供の作品を見ることは楽しい。
先生方にとって、得ることがたくさんあるようだ。
子供の絵をみんなで見るということは、
子供にもっと目を向ける、子供が幸せになる一つの方法なのだと思う。
では、他の人たちはどのように子供の絵を見るのだろう。
子供の絵を見ることが、その人たちにとって、どのような意味や価値をつくりだすのだろう。
私は、いろいろな年代のいろいろな立場の人と子供の絵を見たいと思った。
そして、絵を持って、旅に出ることにした。」

――(introduction「絵を持って、旅に出ることにした」より)

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。