資質・能力を育成する授業づくり

資質・能力を育成する授業づくり

セール価格2,640(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

田中 保樹・三藤 敏樹・髙木 展郎/編著

数量:
在庫あり

 

平成29〜31年告示の学習指導要領が目指す資質・能力とは


平成29〜31年版学習指導要領では、「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の3つの柱で、資質・能力の育成を目指しています。

そして、それに伴い、評価の観点も「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3点で示されました。

本書では、目の前の子供たちに対し、資質・能力をどのように育成していけばよいのかという視点で、授業づくりの在り方を考え、提案しています。
それぞれの学校の実態に応じて、カリキュラム・マネジメントを通した授業づくりを考える機会としていただくことを願っています。

カリキュラム・マネジメントを通した授業づくり

本書では、授業づくりのサイクルを以下のように整理しています。

7から再び1に戻って繰り返しながら、授業の充実・改善を目指していきます。

〔カリキュラム・マネジメントに位置付いた授業づくり〕
1 学習指導要領に基づいた単元や題材の構想
2 単元や題材で育成する資質・能力と評価規準の設定
3 単元や題材のストーリーやコンテクスト(文脈)の構想
4 指導計画(学習指導と学習評価)の立案
5 「指導と評価の一体化」が図られた授業の実践
6 「指導に生かすとともに総括としても生かす評価」の実施
7 1〜6のリフレクション

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。