子どもの絵の見方

著者 奥村 高明 著
販売価格2,090 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

 

 本書は小学校や幼稚園の先生、保護者や学生に向けた子ども理解の手引書!
 Chapter1は、1枚の絵から子どもの世界をとらえる方法をまとめています。具体的には「近づいて見る」「順番をたどる」「その子の理由を考える」の3つ。子どもの絵を手がかりに彼らの世界に近づきます。
 Chapter2は、本書の中心です。そこには、著者が全国から集めた絵、工作、造形遊びなど44作品を一挙掲載。作品と作文、簡単な解説や部分拡大写真を使って、子どもの絵と彼らの世界を味わいます。学習指導や題材開発、評価の参考資料としても役立つでしょう。
 Chapter3では、子どもの絵が生み出された社会的・文化的な背景を押さえています。難しい理屈はなく「目から鱗」のような楽しいお話満載です。
 さらに付録(Appendix)として、1枚の絵で子どもと対話したり、ギャラリートークしたりする方法をまとめています。これは教科を超えて日々の授業や子どもとの会話、美術館の鑑賞ボランティアなどにも役立つものです。

子どもの絵の見方

著者 奥村 高明 著
販売価格2,090 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 奥村 高明 著
読者対象 幼・小
出版年月 2010-04-01
判型 B5変
ページ数 104
ISBN 9784491025582
在庫 品切れ・重版未定

Prologue 子どもの絵から見えてくる「世界」(大人の「見方」を問い直す
子どもの「見方」を取り戻す)
1 子どもの「作品」を見る(「子どもの声」を聞く
「作品の評価」と「作品からの評価」 ほか)
2 子どもの「絵」と出会う(1日
水玉もようのヒョウ ほか)
3 子どもの「絵」の背景を考える(文化や発達を押さえる
子どもと題材)
Appendix 絵から生まれる「対話」(子どもの絵と一緒に子どもと語り合う
子どもの絵のギャラリートーク ほか)

奥村 高明
日本体育大学教授
博士(芸術学)。宮崎県内の小・中学校教諭、宮崎大学教育学部附属小学校文部教官教諭、宮崎県立美術館学芸員、国立教育政策研究所教育課程調査官、文部科学省教科調査官、聖徳大学教授、児童学部長などを経て現職。専門は、図画工作教育、鑑賞教育、美術館との連携など。アートカードや鑑賞アクティビティツールなどの教材、著書や雑誌論説、学会論文等多数。
[2018年6月現在]

過去に見た商品