教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法 説明文アイデア50

著者 授業のユニバーサルデザイン研究会沖縄支部 著
桂 聖 編著
販売価格2,310 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

もし、水の入ったコップが机のギリギリの端に置いてあったら―? 教材に「しかけ」をつくるとは、教材の安定を崩すこと。「机の真ん中にコップを置いて!」と言いたくなるように、子どもが自ら「動きたくなる」「話したくなる」…それが本書の「しかけ」です。

教材に「しかけ」をつくる国語授業10の方法 説明文アイデア50

著者 授業のユニバーサルデザイン研究会沖縄支部 著
桂 聖 編著
販売価格2,310 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 授業のユニバーサルデザイン研究会沖縄支部 著
桂 聖 編著
読者対象
出版年月 2013-04-10
判型 A5
ページ数 184
ISBN 9784491029016
在庫 在庫あり

まえがき……1


第1章 教材にしかけをつくる国語授業
    「10の方法」の考え方・進め方 桂 聖

1教材にしかけをつくるとは?……12

2「10の方法」の具体例……16
 方法1▼順序を変える……17
 方法2▼選択肢をつくる……18
 方法3▼置き換える……19
 方法4▼隠す……21
 方法5▼加える……22
 方法6▼限定する……24
 方法7▼分類する……26
 方法8▼図解する……27
 方法9▼配置する……29
 方法10▼仮定する……30

3実践事例……32
 ―四年「ウナギのなぞを追って」の授業―

4授業づくりのポイント……39
 ◆指導の目的と方法を一致させる……39
 ◆授業のねらいを、ピンポイントにフォーカスする……40
 ◆山場から逆算して、
  「内容→論理」の順序で、活動を構成する……47
 ◆ねらいやレディネスをふまえて、
  しかけの表現を具体化する……49
 ◆教材提示の「順序」「タイミング」「言葉がけ」によって、
  つぶやきから課題を設定する……49
 ◆指導内容の落としどころを「視覚的に」整理する……50

5教材にしかけをつくる国語授業が目指すもの……51
 ◆国語授業のユニバーサルデザイン化を図る……51
 ◆選択的注意の弱さを補う指導方法である……52

第2章 説明文教材のしかけづくり
    50のアイデア

方法1▼順序を変える……56
 ①写真の順序を変える―二年「すみれとあり」……56
 ②段落の順序を変える―二年「どうぶつ園のじゅうい」……58
 ③段落の順序を変える―二年「しかけカードの作り方」……60
 ④文の順序を変える
  ―五年「ニュース番組作りの現場から」……62
 ⑤絵の順序を変える―六年「『鳥獣戯画』を読む」……64

方法2▼選択肢をつくる……66
 ⑥要点の選択肢をつくる―三年「かるた」……66
 ⑦まとめの文の選択肢をつくる
  ―四年「アップとルーズで伝える」……68
 ⑧段落の選択肢をつくる―四年「大きな力を出す」……70
 ⑨題名の選択肢をつくる
  ―五年「ゆるやかにつながるインターネット」……72
 ⑩段落の選択肢をつくる
  ―六年「生き物はつながりの中に」……74
方法3▼置き換える……76
 ⑪絵を置き換える―一年「じどう車くらべ」……76
 ⑫絵と写真を置き換える―二年「虫は道具をもっている」……78
 ⑬文末を置き換える―二年「たんぽぽのちえ」……80
 ⑭語句を置き換える―四年「ウナギのなぞを追って」……82
 ⑮語句を置き換える―五年「生き物は円柱形」……84
 ⑯語句を置き換える―五年「天気を予想する」……86

方法4▼隠す……88
 ⑰文を隠す―一年「だれが、たべたのでしょう」……88
 ⑱写真と文章を隠す―二年「しかけカードの作り方」……90
 ⑲接続語を隠す―三年「すがたをかえる大豆」……92
 ⑳語句を隠す―四年「動いて、考えて、また動く」……94
 段落を隠す―六年「感情」……96

方法5▼加える……98
 文を加える―一年「くちばし」……98
 語句や文を加える―一年「じどう車くらべ」……100
 文を加える―一年「どうぶつの赤ちゃん」……102
 段落を加える―五年「生き物は円柱形」……104
 具体例を加える―六年「言葉は動く」……106

方法6▼限定する……108
 絵を限定する
  ―一年「どうやってみをまもるのかな」……108
 文を限定する―二年「虫は道具をもっている」……110
 要点を限定する―四年「ウナギのなぞを追って」……112

方法7▼分類する……114
 キーワードを分類する―一年「じどう車くらべ」……114
 文を分類する―三年「イルカのねむり方」……116
 文を分類する―四年「くらしの中の和と洋」……118
 事例を分類する
  ―五年「ゆるやかにつながるインターネット」……120
 文を分類する―六年「生き物はつながりの中に」……122
 文を分類する―六年「『鳥獣戯画』を読む」……124

方法8▼図解する……126
 三段構成を図解する―三年「イルカのねむり方」……126 
 三段構成を図解する―三年「ありの行列」……128
 三段構成を図解する―三年「かるた」……130
 三段構成を図解する―四年「大きな力を出す」……132
 三段構成を図解する
  ―四年「動いて、考えて、また動く」……134
 文章構成を図解する―五年「見立てる」……136
 文章構成を図解する
  ―六年「生き物はつながりの中に」……138

方法9▼配置する……140
 絵を配置する―一年「みいつけた」……140
 文を配置する―二年「ふろしきは、どんなぬの」……142
 文を配置する―三年「森のスケーター やまね」……144
 図を配置する―四年「ウナギのなぞを追って」……146

方法10▼仮定する……148
 小見出しを仮定する
  ―二年「しかけカードの作り方」……148
 文を仮定する―三年「すがたをかえる大豆」……150
 事例を仮定する―三年「自然のかくし絵」……152
 叙述の仕方を仮定する
  ―六年「『鳥獣戯画』を読む」……154

第3章 説明文教材のしかけづくり
    実践例
実践①「どうぶつ園のじゅうい」……158
しかけⅠ 絵を限定する……160
しかけⅡ 文を分類する……162
しかけⅢ 語句を仮定する……162

実践②「アップとルーズで伝える」……164
しかけⅠ 写真を配置する……166
しかけⅡ 段落を仮定する……168

実践③「『鳥獣戯画』を読む」……170
しかけⅠ 語句を置き換える……172
しかけⅡ 絵を配置する……174

あとがき……176

参考文献……178

桂聖
筑波大学附属小学校教諭。筑波大学非常勤講師兼任。
山口大学教育学部卒業、放送大学大学院文化科学研究科修了。山口県公立小学校教諭、山口大学教育学部附属山口小学校教諭、広島大学附属小学校教諭、東京学芸大学附属小金井小学校教諭を経て現職。日本授業UD学会理事長、全国国語授業研究会理事、国語教育探究の会会員、全国大学国語教育学会会員、日本LD学会会員、教師の知恵.net事務局、光村図書国語教科書編集委員などを務める。
[2016年1月現在]

過去に見た商品