道徳授業のユニバーサルデザイン

著者 坂本 哲彦 著
販売価格1,980 (税込)
- ポイント/円 還元
Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

「授業のUD Books」待望の第4弾。「道徳授業のユニバーサルデザイン」とは,すべての子どもが楽しく「考える・わかる」ように授業を工夫・配慮することです。焦点化,視覚化,共有化,身体表現化で,全員が参加・活動できる授業づくりをめざします。

著者 坂本 哲彦 著
読者対象
出版年月 2014-07-23
判型 四六
ページ数 168
ISBN 9784491030401
在庫 在庫あり

第1章 道徳授業の今
一 これまでの道徳授業の成果
二 道徳授業の課題

第2章 道徳授業のユニバーサルデザインとは
一 道徳授業のユニバーサルデザイン
二 よりよく生きる力
三 授業のユニバーサルデザイン
四 章構成

第3章 焦点化
一 道徳授業を焦点化するとは
二 ねらいの焦点化
三 学習内容の焦点化
四 発問の焦点化
一年生 焦点化の視点を生かした授業 「はしのうえのおおかみ」
三年生 焦点化の視点を生かした授業 「花さき山」
焦点化のポイント

第4章 視覚化
一 道徳授業を視覚化するとは
二 資料提示の視覚化
三 思考の視覚化
四 話し合いの視覚化
六年生 視覚化の視点を生かした授業 「くずれ落ちただんボール箱」
視覚化のポイント

第5章 共有化
一 道徳授業を共有化するとは
二 自己を振り返る活動
三 できそうな自分を見つける
四 互いに助言や励ましを与える
五 わかったことを端的にまとめ、伝える
六年生 共有化の視点を生かした授業 「夢に向かって確かな一歩を」
共有化のポイント

第6章 身体表現化
一 道徳授業を身体表現化するとは
二 身体表現することで「わかる」
三 身体表現することで「伝える」
四 身体表現することで「できるような前向きな気持ちをもつ」
三年生 身体表現化の視点を生かした授業 「まどガラスと魚」
身体表現化のポイント

あとがき
文献一覧

坂本 哲彦
山口市立上郷小学校校長
山口県生まれ。山口大学卒業、山口大学大学院修了。山口県内公立小学校教諭、山口大学教育学部附属山口小学校教諭、山口県教育庁指導主事、山口県内小学校教頭、校長を経て、現職。「小学校学習指導要領(平成29年告示)解説特別の教科 道徳編」作成協力者、日本授業UD学会理事、教師の“知恵”.net事務局
[2019年3月現在]

過去に見た商品