「これからの時代に求められる資質・能力の育成」とは

著者 髙木 展郎 編著
販売価格2,420 (税込)
- ポイント/円 還元
Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

日本の未来を担う子供たちに育むべき学力とは何か。次期学習指導要領のカギを握る「資質・能力」を徹底的に読み解く!文部科学省初等中等教育局教育課程課長をはじめとする豪華執筆陣による特別寄稿も必読!

著者 髙木 展郎 編著
読者対象 小・中・高・その他
出版年月 2016-02-18
判型 A5
ページ数 200
ISBN 9784491031866
在庫 在庫あり

はじめに

【特別寄稿】
これからの時代が求める資質・能力とは
2030年の社会を生きるための資質・能力
-生涯学習、教育課程、言語能力-
これからの時代に求められる理科(理数教育)で育てる資質・能力
これからの時代に求められる資質・能力
-グローバル化社会の進展の観点から-
各教科等を貫く言語活動の意味

Ⅰ これからの時代が求める資質・能力とは
1 知識基盤社会に求められるコンピテンシー、リテラシー、スキルとは
2 これからの教育はグローバル化にどう対応するか
-「ダイバーシティ」の視点から- 
3-1 各教科等における資質・能力の育成とは-小学校-
3-2 各教科等における資質・能力の育成とは-中・高等学校-

Ⅱ 人を育てる組織の在り方とは
1 時代が求める資質・能力を育てる学校へ
-機関としての学校-
2 学習する組織・学習する学校
-イノベーションを生み出す組織づくり-
3 学校のコンプライアンスとアカウンタビリティ

Ⅲ 人材を育成する・人財を開発する
  マネジメントの在り方とは
1 「人材」から「人財」へ
-持続可能な発展のための教育(ESD)の視点から-
2 職員室の円滑なコミュニケーションを生むピープルマネジメント
3 学級経営・教科指導としてのピープルマネジメント
4-1 アクティブ・ラーニングを支えるファシリテ―ション1
   -授業づくりの視点から-
4-2 アクティブ・ラーニングを支えるファシリテ―ション2
-学級(H.R.)経営の視点から-
5 資質・能力を育成するためのカリキュラム・マネジメント
6 授業の目標をどのように設定するか
-見通し振り返ることを通して-
7 次の成長につながる「振り返り」と「評価」とは
-フィードバックから次の学習へのモチベーションへ-
8 授業改善の視点
-ビジネス社会で活用されているシンキングツールを教材開発や指導法に生かす-

Ⅳ 教育は未来を創る 
1 学校教育目標の実現のために
-学校経営方針のグランドデザイン化-
2 学校全体で取り組むカリキュラム・マネジメント
3 教育におけるICTの可能性
4 ICTを活用した教育の実際
5 未来を担う子供像
6 子供のキャリアデザインをどう考えるか
-学校と社会の連携の視点から
7 教師のキャリアステージと求められる資質・能力
-学び続ける高度な専門職として
8 社会に開かれた教育課程

おわりに

髙木 展郎
横浜国立大学教育人間科学部教授
1950 年横浜市生まれ。横浜国立大学教育学部卒、兵庫教育大学大学院修了。国公立の中学校・高等学校教諭、福井大学、静岡大学を経て、現職。主な著書に、『国語科の指導計画作成と授業づくり』(共編著、明治図書、2009)『各教科等における言語活動の充実』(編著、教育開発研究所、2008)『変わる学力、変える授業。―21世紀を生き抜く力とは』(三省堂、2015)『「チーム学校」を創る』(共著、三省堂、2015)などがある。
[2016年2月現在]

過去に見た商品