子供の思考をアクティブにする社会科の授業展開

子供の思考をアクティブにする社会科の授業展開

セール価格2,200(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

澤井 陽介/編著

数量:
在庫あり

 

 

子供の思考をアクティブにする「4つの授業デザイン」を通して、次期学習指導要領が目指す子供たちの「資質・能力」を育む「社会科アクティブ・ラーニング」のすべてを明らかにします。

なお、平成27年3月に出版した『澤井陽介の社会科の授業デザイン』と平成28年3月に出版した「学級経営は問いが9割」(どちらも東洋館出版社)の姉妹本としての位置付けです。

1 「問い」を柔軟にデザインする

 ①学習問題をデザインする

 ②問題解決の見通しをデザインする

2 「教材化」を明確にデザインする

 ①学習内容を明確にする

 ②教材化の視点をもつ

 ③資料化する

3 「協働的な学び」ツールを通してデザインする

 ①板書を「協働的な学び」ツールにする

 ②ワークシートを「協働的な学び」ツールにする

 ③板書、ワークシート以外のものを「協働的な学び」ツールにする

4 「学習評価」を具体的にデザインする

 ①協働的な問題解決の能力や態度を「見とり」「聞き取る」

 ②子供の表現を想定して待ち受ける

 

【実践事例イメージ】

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。