小中一貫[事例編]

小中一貫[事例編]

セール価格2,200(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

国立教育政策研究所/編著

数量:
在庫あり
『資質・能力[理論編]』に続く、国研ライブラリー第2弾!
2016年4月より全面実施された義務教育学校の可能性を読み解く!
小中一貫教育は、子どもたちの学び、教員の意識をどう変えるのか?

本書は、国立教育政策研究所のプロジェクト研究の一つである「初等中等教育における学校体系に関する研究」(平成26年度~27年度)の研究成果の一部として、小中一貫教育の先導的事例の成果と課題に関する研究の成果をまとめた報告書「小中一貫教育の成果と課題に関する調査研究」(平成27年8月)をもとに「国研ライブラリー」として刊行。

小中一貫教育については、政府の教育再生実行会議第5次提言や中央教育審議会の答申「子供の発達や学習者の意欲・能力等に応じた柔軟かつ効果的な教育システムの構築について」において制度化が提案され、本年4月に改正学校教育法及び関係政省令・告示が施行されました。

これにより、小中一貫教育を行う新たな学校種である「義務教育学校」が制度化され、また、義務教育学校に準じた形で一貫した教育を行う「小中一貫型小学校・中学校(「併設型小学校・中学校」及び「連携型小学校・中学校」)が制度化されています。

全国の先導的事例における小中一貫教育に関する多様な考え方や実態を明らかにした本書が、新制度に取り組む予定の学校や今後の導入を検討している関係者にとって、広く活用されることを切に願います。

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。