深い学び

著者 田村 学 著
販売価格2,178 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

 

活用・発揮を繰り返し、子供の知識が「駆動」する!

「主体的」も「対話的」もつかめる。だけど「深い」は分かりにくい、という方に向けてオススメの一冊。数多くの実践を交えながら、その具体を明らかにしていくことを試みます。

本書の流れ

タスクI 今期改訂の理念を構造的に理解する

(コンセプト)
「社会に開かれた教育課程」
「育成を目指す資質・能力」
「主体的・対話的で深い学び」


タスクII 深い学びを知識中心に捉え、分析する

(「知識の構造化」4タイプ)
1宣言的な知識がつながるタイプ
2手続き的な知識がつながるタイプ
3知識が場面とつながるタイプ
4知識が目的や価値、手応えとつながるタイプ


タスクIII 子供が深い学びに向かっていく姿を具体の授業から考察

(登場教科)
・中学校3年 理科
・小学校6年 社会科
・中学校1年 社会科
・小学校5年 家庭科
・小学校3年 音楽科
・中学校2年 保健体育科
・中学校2年 国語科
・小学校1年 国語科
・小学校5年 総合的な学習の時間
・中学校3年 数学科


タスクIV そのような学びを実現し得る授業のデザインの仕方を考える

(キーワード)
1「プロセス」の充実
2「学び合い」の展開
3「振り返り」の実施


タスクV 授業づくりを支える「チーム」を形作る

(今一度意識すべきターム)
・捉える・解釈する・照合する・判断する・振る舞う
・授業研究の質的転換
今回「深い学び」を解き明かすべく筆を執ったのは、重版15刷を突破し、驚異的なヒットとなった『授業を磨く』の著者で、前・文部科学省初等中等教育局視学官の田村学先生(國學院大學人間開発学部初等教育学科教授/文部科学省視学委員)。
新学習指導要領のベースを形作った中心人物のお一人であり、また連日、今期改訂の意図やこれからの授業デザインについて、全国の学校に足を運んで直接先生方に伝えておられる、まさに「理論」と「現場感覚」両方を持ち合わせたカリスマが、「深い学び」を徹底解明する。


深い学び

著者 田村 学 著
販売価格2,178 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 田村 学 著
読者対象 小・中・高・その他
出版年月 2018-04-13
判型 四六
ページ数 260
ISBN 9784491035024
在庫 在庫あり

◎Prologue 今期改訂を構造的に理解する
学習指導要領(平成29年3月公示)改訂・実施のスケジュール
社会に開かれた教育課程
育成を目指す資質・能力
主体的・対話的で深い学び
1 「主体的な学び」を実現する
2 「対話的な学び」を実現する
3 「深い学び」を実現する

◎第1章 知識が「駆動」する
「深い学び」と資質・能力の育成
1 「深い学び」と「見方・考え方」
2 プロセス具現する「深い学び」
3 「深い学び」を知識中心に捉え直す
4 知識・技能の構造化
知識が「駆動」する
1 駆動する知識と汎用的能力
2 駆動する知識と「考えるための技法」
3 知識の関連付けと国際標準の学力
4 知識の関連付けと脳科学の知見

◎第2章 「深い学び」にアプローチする子供の姿
case1 中学校3年 理科 生命の連続性と生物の進化
case2 小学校6年 社会科 江戸幕府
case3 中学校1年 社会科 北アメリカ州
case4 小学校5年 家庭科 寒い季節の暮らし
case5 小学校3年 音楽科 楽しいリコーダー
case6 中学校2年 保健体育科 支え釣り込み足
case7 中学校2年 国語科 情報の整理と論の展開
case8 小学校1年 国語科 質問と応答
case9 小学校5年 総合的な学習の時間 外来生物と環境
case10 中学校3年 数学科 図形と相似
「深い学び」を仕掛ける教師
1 指導計画の作成
2 教材の研究
3 教師の指導

◎第3章 「深い学び」を具現する授業デザイン
「深い学び」のためのプロセスの充実
プロセスを再検討する―「到達点の明確化」と「通過点の具体化」―
豊かな「学び合い」の展開
1 「学び合い」の必要性
2 処理過程としての「学び合い」と思考ツール
3 「学び合い」を充実する教師力
3 「学び合う」ことと学力の向上
確かな「振り返り」の実施
1 「振り返り」の重要性
2 終末に「振り返り」を行う子供の姿
3 学習活動の終末のポイント
4 文書を書いて振り返ること

◎第4章 「深い学び」を支えるチーム力
「深い学び」のために必要な教師力
授業研究の質的転換
1 授業研究の価値
2 授業研究の課題
3 授業協議会の意識転換
4 固有名詞で語る
5 代案を提案する
6 協議の場をデザインする
7 授業研究が学校を創る
子供を見取り、授業を描く
1 「見取る力」を磨く
2 授業を描く
注/引用・参考文献
Epilogue「探究モード」への幕は上がった
著者紹介

田村学                                         國學院大學人間開発学部初等教育学科教授(文部科学省視学委員)
昭和37 年新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業後、昭和61 年4 月より新潟県公立小学校教諭、新潟県上越市立大手町小学校教諭、上越教育大学附属小学校教諭、新潟県柏崎市教育委員会指導主事を経て、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官・国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官。文部科学省初等中等教育局視学官として学習指導要領作成に携わる。平成29 年4 月より現職。主著に、『「探究」を探究する』(学事出版)、『「深い学び」を実現するカリキュラム・マネジメント』(文溪堂)、『問い、対話、振り返りによる中学校の授業改革』(小学館)、『授業を磨く』『カリキュラム・マネジメント入門』『深い学び』(いずれも東洋館出版社)など。[2021年現在]

過去に見た商品