「単元のまとまり」で描く国語授業づくり

「単元のまとまり」で描く国語授業づくり

セール価格2,090(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

中村 和弘/編著

数量:
在庫あり

 

資質・能力基盤で「時数」を伸び縮みさせ、
「無理なく」「効果的に」子供の力を育む!


新学習指導要領では、「指導計画の作成と内容の取り扱い」のトップに
単元など内容や時間のまとまりを見通して」という言葉が出てきます。

いまここで、私たちは「単元」が何なのか、それがいかに
資質・能力基盤の授業づくりの根本の発想であるのかを再確認しましょう。


育成を目指す資質・能力を重視するからこそ
「教材ありき」「活動ありき」「時数ありき」の授業から脱却し、
時数をコントロールしながら、本当の意味で子供の実態に即した授業をつくる-。


本書では、定番教材6本を例に、
一般的によく見られる授業展開例・時間配分例(Before)から
次の単元や次の学年へつながるような、
資質・能力の育成に焦点化させた授業展開例・時間配分例(After)
への転換を
した授業モデルを掲載しました。




即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。