定番教材で考える「深い学び」をうむ国語授業

定番教材で考える「深い学び」をうむ国語授業

セール価格2,310(税込)
- ポイント/円 還元

全国国語授業研究会・筑波大学附属小学校国語研究部/編著

数量:
在庫あり



2017年、第19回全国国語授業研究大会では『国語授業における「深い学び」を考える-授業者からの提案―』(東洋館出版社)を上梓し、授業者の立場から「深い学び」をどう捉えればよいかを検討した。そこでは、「言葉を学ぶという『国語科の本質』に立ち返ること」、「教師も子どもも『今何を学んでいるのか』を自覚的に捉え、既習事項と結び付け、汎用的な資質・能力を獲得していくこと」など、アプローチの違いを超えて広く提案した。
それを踏まえ、本年2018年の第20回記念大会では、教材、また単元の具体の授業場面に即して提案することを試みた。各学年の文学・説明文それぞれの優良教材の特質を生かし、子どもの課題意識を醸成する発問、育みたい資質・能力、働かせたい「見方・考え方」など、子どもの思考や文脈に寄り添って、いかに必然性のある学びの過程を構想していくのかを提案したい。


Ⅰ章 提案授業ー写真と授業記録で見る「深い学び」をうむ国語授業

青木伸生の文学の授業「大造じいさんとがん」、白坂洋一の説明文の授業「笑うから楽しい」を収録。

筑波大学附属小学校国語部5人による座談会。
提案授業のなかに「深い学び」に至る過程が見られたか。現場での課題と展望も含めて議論した。



Ⅱ章 定番教材で考える「深い学び」をうむ国語授業づくり





子供の実態と教材の特性から単元づくりを考え、いかに学びを深めていくか、
STEP1から4まで段階を追って提案する。

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。