スポーツ医学検定 公式テキスト 1級

スポーツ医学検定 公式テキスト 1級

セール価格2,970(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

一般社団法人日本スポーツ医学検定機構/著

数量:
在庫あり

 スポーツ医学検定とは 

 一般の人を対象にした、身体のことやスポーツによるケガの知識を問う検定試験です。 本検定で得られた知識を、次のような場面で生かすことができます。
 1.ケガの予防
 2.ケガからの競技復帰
 3.競技力の向上  

  2017年から始まったスポーツ医学検定試験(通称、スポ医検)は、年々受検者を増やし、アスリート自身部活動の顧問スポーツ選手の保護者部活動のマネージャーといったスポーツに関わる幅広い層の方々に広まっています。

  本テキストは、スポーツに関わるすべての人が知っておきたい、身体のこととケガの知識を簡潔にまとめています。検定試験の受検者に限らず、手元に置いておくと安心の1冊です。

 

 関連書籍はこちら 

#スポ医検

 

 受検案内はこちら 

 受験会場は全国各地に設けられています。札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡(1級~3級を開催)、仙台、前橋、神戸、沖縄(2級・3級を開催)。

 お申込み、検定詳細は、スポーツ医学検定ホームページへ!!


 訂正情報

 『スポーツ医学検定公式テキスト1級』読者のみなさまへ


はじめに


 現在、スポーツを取り巻く環境が大きく変化しています。東京2020オリンピック・パラリンピックの影響もあるでしょう。それだけではなく、スポーツの国際化が進み、海外のスポーツ情報を容易に入手できるようになったこと、SNS の発展により自ら情報を発信できるようになったことなども挙げられます。また、スポーツの価値は何なのかを再考させられるニュースが、たびたび紙面をにぎわせています。時代とともに変わるスポーツに対する考え方にも、柔軟に対応していく必要があります。

 スポーツの安全面に関する知識も、時代とともに大きく変化します。現在、練習中の水分補給は当然のように行われていますが、昔は練習中にのどが渇いて水を飲むのは根性がないと考えられた時代がありました。また、脳振盪後の対応も変わってきています。女性アスリートの三主徴についてもようやく目が向けられるようになってきています。そしてスポーツの外傷・障害は治療も大切ですが、予防の必要性も認識されるようになってきました。日進月歩で更新されるこれらの新たな知識は、インターネットから得ることもできます。しかし、断片化された知識は、生きた情報になりにくいのも事実です。また、情報が氾濫しているため、偏った情報に頼っているスポーツ選手も多くいます。このように、誰もが発信者になり得て、様々な情報があふれている今だからこそ、私たち専門家がもっているスポーツ医学の知識をより広く届けたいと考え、このスポーツ医学検定の取り組みを始めました。

 本テキストは、スポーツ医学検定の1 級を受検する方を対象としています。スポーツメディカルにこれから関わりたいと思っている方には、スポーツ医学を体系的に理解する機会として勉強していただければと思います。すでにスポーツメディカルに関わっている方は、これまで実践してきたスポーツ医学を整理する機会として勉強してください。

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。