三訂 キーワードで拓く新しい特別活動

著者 日本特別活動学会 編
販売価格2,420 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

特別活動、学校行事の理論と実践がわかる!特別活動の基礎・基本から最新知見までを学生や初任者にもわかりやすく解説。

三訂 キーワードで拓く新しい特別活動

著者 日本特別活動学会 編
販売価格2,420 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 日本特別活動学会 編
読者対象 小・中
出版年月 2019-08-26
判型 A5
ページ数 204
ISBN 9784491036793
在庫 在庫あり

三訂 キーワードで拓く新しい特別活動
平成29年版・30年版学習指導要領対応

第1章
新学習指導要領への対応
●社会に開かれた教育課程と特別活動の改訂 6
●特別活動で育成を目指す資質・能力 8
●「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善 14
●カリキュラム・マネジメントの推進 22  ●内容の改善・充実 30

第2章
特別活動の基礎・基本
●人間形成と特別活動 40  ●なすことによって学ぶ 42  ●社会性 44
●集団活動 46  ●体験活動 48  ●人間関係 50
●コミュニケーション能力 52  ●自主的,実践的活動 54
●自発的,自治的活動 56  ●学級文化・学校文化 58
●発達の段階に即した指導 60  ●道徳教育 62  ●生徒指導と特別活動 64

第3章
特別活動の内容・関連領域
●学級活動・ホームルーム活動 68  ●児童会活動・生徒会活動 70
●クラブ活動 72  ●学校行事 74  ●儀式的行事 76
●文化的行事 78  ●健康安全・体育的行事 80
●旅行(遠足)・集団宿泊的行事 82  ●勤労生産・奉仕的行事 84
●部活動 86  ●国旗と国歌の取扱い 88  ●ボランティア活動 90

第4章
特別活動の指導方法と指導技術
●特別活動の全体計画と各活動の年間指導計画 94
●指導計画と活動計画 96  ●学級活動・ホームルーム活動指導案 98
●児童会活動・生徒会活動指導計画 100  ●クラブ活動指導案 102
●学校行事の指導計画 106  ●話合い活動(討議法) 108
●特別活動における教師の指導・助言 110  ●個と集団を生かす指導 112
●特別活動における校長の役割(危機管理を含む) 114  ●特別活動の評価 116
●特別活動の授業時数 118

第5章
特別活動実践との関連事項
●学問としての特別活動(特別活動学) 120
●特別活動の名称(日本特別活動学会の英文名称) 122
●特別活動のあゆみ(1) 124  ●特別活動のあゆみ(2) 127
●外国の特別活動(欧米) 130  ●外国の特別活動(アジア) 133
●特別活動tokkatsuの国際化の動向 136
●生涯学習社会(社会教育)と特別活動 138  ●教員養成と特別活動 140
●教員養成における特別活動の指導法 142  ●現職研修と特別活動 144
●特別活動に関する学会・研究会 146

第6章
ワード解説
§1
特別活動の本質・理念
●生きる力 150  ●創造力(creativity) 150
●批判的思考(クリティカル・シンキング) 151  ●人間としての在り方生き方 151
●人権尊重の精神と特別活動 152  ●ハレとケ 152
§2
学級・集団に関わるキーワード
●フォーマルグループとインフォーマルグループ 153  ●学習集団と生活集団 153
●準拠集団(reference group) 154  ●学級集団・ホームルーム集団 154
●学級風土(class climate) 155  ●朝の会・帰りの会 155  ●小集団活動 156
●ピア・グループ 156  ●班活動 157  ●係活動 157  ●当番活動 158
●集会活動 158  ●異年齢集団活動 159  ●縦割り活動 159
●学年経営 160  ●共同・協同・協働 160
●リーダーシップとフォロアーシップ 161
§3
話合い活動等の手法・機会    
●議題(題材・主題) 162  ●ブレーン・ストーミング 162  ●ディベート 163
●シンポジウム 163  ●パネルディスカッション 164  ●グループワーク 164
●ワークショップ 165  ●アイスブレイク 165  ●ファシリテーション 166
§4
生徒指導・生徒理解の理論・実践
●いじめ 167  ●不登校 168  ●学級崩壊 169  ●学業指導 170
●適応と順応 170  ●青年期の理解 171  ●自己有用感・自己肯定感 171
●居場所づくり 172  ●心理検査(Q-U,アセス,等) 172  ●カウンセリング 173
●ガイダンス 173  ●構成的グループエンカウンター 174
●ソーシャル・スキル・トレーニング 174  ●アサーション・トレーニング 175
●ロール・プレイ 175
§5
特別活動とかかわる実践
●基本的な生活習慣 176  ●食育の観点を踏まえた指導 176
●人権教育と特別活動 177  ●いのちの教育 177  ●性的な発達への指導 178
●発達障害 178  ●特別支援教育 179  ●インクルーシブ教育 179
●多様性(ダイバーシティ) 180  ●情報モラル教育とSNS 181
●AIと特別活動 182  ●持続可能な社会を創る(ESD) 182
●総合的な学習(探究)の時間 183  ●職場体験・就業体験 183
●学校図書館と特別活動 184
§6
地域社会とのかかわり
●地域社会と特別活動の連携 185  ●チーム学校 185  ●年中行事 186
●学校間の連携・交流と特別活動 186
§7
調査研究,評価の手法にかかわるもの
●調査研究 187  ●定量的調査・研究方法 187  ●定性的調査・研究方法 188
●観察法 188  ●エスノグラフィー(ethnography) 189  ●自由記述法 189
●事例研究(実践研究) 190  ●アクション・リサーチ(action research) 190

過去に見た商品