小学校国語科 若い先生のための子どもが輝くいい授業づくり

小学校国語科 若い先生のための子どもが輝くいい授業づくり

セール価格2,200(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

入内嶋 周一/監、よこはま国語の会「若僧の会」/編著

数量:
在庫あり

 

20代、30代の若い先生にこそ読んでほしい、
豊かな言語活動を通して、資質・能力の育成を目指す
物語文の教材研究と実践

子どもが今よりもっと、教材文を楽しく読み、力を付けるために……。
よこはま国語の会「若僧の会」が物語文の授業づくりを丁寧に解説します。

授業を組み立てる際に知っておきたい、
①教材研究
 ・教材文の価値や魅力、特徴
 ・子どもに身に付けさせたい力を確実に付ける単元構想
②単元の具体の流れ
 ・時系列で見る単元の全体像
 ・効果的に言語活動を仕組むポイント
③実際の授業の様子
 ・実際の板書や子どもの反応から分かる授業の流れ
 ・単元の目標を達成するための細かな手立て
④資料
 ・授業で用いるワークシート例
の4点を網羅し、17の教材文を扱って、物語文の授業づくりを提案しています。

この一冊を読めば、物語文の授業づくりで押さえておきたい事柄が分かります。
物語文の授業づくりに、ぜひ本書をご活用ください。

はじめに  全国算数授業研究会の全国大会が今年で30回目を迎えます。  本会は学習指導要領改訂の節目には、毎回新たな教育課題の方向性について議論し、単行本の形で世に問うてきました。  その都度「不易であるべきものは何か」さらに「変えていかねばならないことは何か」を現場の目線で確かめ合ってきたのです。  今回の議論は、数学的活動に関するものです。  算数的活動と呼ばれていたものが、「数学的活動」に変わることで何が変わるのか、算数を日常に活用するとはどういうことか、様々な研究会で現場の先生方から必ず出てくるこの二大論点に焦点を当てました。  過去改訂の度に現場が示されたキーワードの解釈に右往左往してきたことの反省を踏まえ、今度こそ現場の教師が自ら積極的に考えていく機会をつくりたいと考え、本会の理事たちも、それぞれが個人の視点で論を展開していくことを許しました。示された30の提言から読者の先生方が取捨選択し自分なりの考えをつくってもらうためです。  ただ執筆にあたって、本質を考えていく議論とするために次のような大きな前提にたつことは話し合いました。  まず、そもそも算数でなぜ活動するのかという目的です。  従ってあえて書名は算数的活動でもなく、数学的活動でもありません。私たちが子どもたちに取り組ませていきたい「算数の活動」について原点に立ち戻って考えます。  もう一つは中央教育審議会の時から、ずっと話題になっていた「活用」の視点です。日常に算数を使うと言うと、短絡的にすぐに買い物の場面などを例にあげる方もありますが、算数はもっと人間の思考の土台育成に大きな役割を果たしていることに言及したいと考えます。学んだことをどのように「活用」していくのか、いやそもそも「活用できる」ように算数を学ばせるにはどう授業を変えていくのか。本書がこれからの日本を背負っていく子どもたちの真の人間力を育てる授業改善に役立つことを願ってやみません。                  全国算数授業研究会 会長 田中博史

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。