おかしっこ学校はじめ組 はじめての ぷるぷるプール

おかしっこ学校はじめ組 はじめての ぷるぷるプール

セール価格1,430(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

北川 チハル/作、公文 祐子/絵

数量:
在庫あり

 

学校がもっとすきになる絵童話シリーズ

勉強が好き。スポーツが好き。絵が好き。音楽が好き。
子どもたちは学校で、たくさんの好きなことを見つけます。
学校は「好き」のはじまりの場所、「好き」は個性的な未来のはじまり。

東洋館出版社は、小学校1~2年生の自力読みにぴったりな絵童話
『おかしっこ学校はじめ組』(全3巻)で、
子どもたちの好きになる気持ちを応援します。

本作は、おかしっこ学校に入学したばかりの、14人のおかしっこたちの物語。
みんな違うお菓子がモチーフで、背格好も性格もバラバラなクラスメートが、
それぞれ関わり合うことで、すこしずつ成長していきます。
いろんな子がいるからこそ学校は楽しく、豊かな場所になるのだと思います。

キャラクターの相関図、えかきうた、ぬりえも、ご用意しました。
読書活動にもつながる本作を、ぜひ本棚へ。

読んだすべての子どもたちが、月曜日を待ちわびるようになりますように。




おかしっこ学校はじめ組
はじめての ぷるぷるプール

作:北川 チハル  絵:公文 祐子

----------------

   プールに来たはじめ組は大はしゃぎ。
でもひとり、ふるえている子がいます。
プリンちゃんは顔に水がかかるのが苦手。
だけど、自分だけプールがきらいなんて言えません。
なのに、とびきり元気なワッフルくんとふたり組になってしまい……。

わたしの笑顔とみんなの笑顔 どっちも大事
ひとりでがまんしないで

----------------





即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。