こだわりの道徳授業レシピ

こだわりの道徳授業レシピ

セール価格2,310(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

浅見 哲也/著

数量:
在庫あり

 

令和の道徳授業の一丁目一番地
文部科学省教科調査官初の単著

この一冊で、価値の押し付けや登場人物の心情読解に終止する授業からの転換!


平成30年に小学校、平成31年に中学校で全面実施された「特別の教科 道徳」。
全国各地で、道徳科では真新しい「問題解決的な学習」等の指導方法の研究に火が付いています。


道徳科の目的は、子供たちがよりよく生きるための基盤となる道徳性を養うこと。
人間の弱さなどに触れ、迷いながらも、その弱さを乗り越えようとする心を自分の中に確かめながら考えていくことが大切です。


・「考え、議論する道徳」を目指すために必要なことは何か。
・学校全体の道徳教育と、道徳科の授業の結び付きを強め、子供たちの目の前の姿に合わせた授業づくりはどのようにするか。
・子供たちが自らの成長を実感でき、勇気付けられる評価に必要なことって?

こうしたお悩みに、熱いフレーズと丁寧な解説・指導に定評のある著者が徹底的に解説しています。
道徳教育の歴史、教科化に込められた思い、評価など、渾身の一冊であります。


また、実践編には『かぼちゃのつる』や『二人の弟子』など小学校低・中・高・中学校のこだわりの授業づくりを8例掲載しています。



そして第七章には未来の道徳。変わりゆく時代を切り開く子供たちにとって、道徳の授業がどのようなものであってほしいか、著者の思いを収録しています。




心を込めた授業を子供たちにプレゼントしたい。そんな先生方におすすめの一冊です。
あなたは、どんな授業がお好みですか?






自分の考えを基にして、友達と話し合いながら交流することを通して、より正しい「心のものさし」をつくっていこうという学びが道徳科の授業だと言えるのかもしれない。
―「はじめに」より


授業は、教師の敷いたレールに子供を乗せて進められれば、教師も安心して授業が進められるでしょう。しかし、道徳科の授業の醍醐味は、子供の素直な気持ちや豊かな発想にちょっとしたスリルを感じながら、教師も子供と共に学び、新たな気付きや変容を感じるところにあります。そんな醍醐味に楽しさを感じられるゆとりをもって授業に臨んでみませんか。道徳科は毎時間がメイク・ドラマです。
―第六章「道徳科の授業構想」より

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。