問いで紡ぐ小学校道徳科授業づくり

著者 田沼 茂紀 編著
販売価格2,200 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

問いで紡ぐ小学校道徳科授業づくり

著者 田沼 茂紀 編著
販売価格2,200 (税込)
- ポイント/円 還元

新規会員登録キャンペーン開催中!

Amazon American Express Apple Pay Diners Club FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

この商品に興味がある人におすすめ

著者 田沼 茂紀 編著
読者対象
出版年月 2020-07-17
判型 A5
ページ数 172
ISBN 9784491042589
在庫 在庫あり

第1章 理論編
第1節 いま、なぜ道徳科授業に「問い」が必要なのか
1 道徳は教えられるのか
2 道徳的であるとはどういうことか
3 道徳学びにおける「問い」の意味を考える
4 なぜ「問い」をもつと道徳的価値観形成が促進されるのか
5 「問い」をもとに主体的に解決できる学習プロセスを創造する
6 「課題探求型道徳科授業で「子どもの価値観想像をどう促すか」
7 「問い」をどう共有して「共通解」「納得解」へと発展させるのか
8 課題探求型道徳科授業を展開するための教材はどうあるべきか
9 課題探求型道徳科授業における「発問」の役割とは何か
10 課題探求型道徳科授業での「評価」の考え方

第2節 パッケージ型ユニットはなぜ道徳授業を活性化するのか?
1 なぜ「パッケージ型ユニット」による道徳科授業がよいのか
2 パッケージ型ユニットでの学習ストーリーをどう考えるか

第3節 パッケージ型ユニットを活性化するグループ・モデレーション
1 なぜ「パッケージ型ユニット」でグループ・モデレーションなのか
2 ユニット中でグループ・モデレーションはなぜ入れ子構造なのか
3 全体を俯瞰しつつ各自授業に有意味性をどうもたせるのか

第2章 実践編
Package 1
1年生/1月 「頑張る気持ち」をどう生かしていったらいいんだろう?

Package 2
1年生/3月 大きくなるってどんな気持ち?

Package 3
2年生/12月 生きるってどういうこと?

Package 4
2年生/1月 のこりの2か月 クラスのみんなで楽しく過ごすにはどうすればいいのだろう?

Package 5
3年生/9月 「いいクラス」になるためには、一人ひとりがどんなことを大切にすればよいだろう?

Package 6
3年生/2月 自分にとって失敗とは何だろう?

Package 7
4年生/1月 自ら考え、判断し、行動するために大切なことはどんなことだろう?

Package 8
4年生/2月 「きまり」の大切さについて考えを深めよう

Package 9
5年生/12月 自分は誰をどのように支え、誰にどのように支えられているのだろう?

Package 10
5年生/2月 なりたい自分に近づくためには、今どうすればいいのだろう?

Package 11
6年生/2月 みんなが気持ちよく過ごすために必要な考え方とは何だろう?

Package 12
6年生/3月 「信じる」ことってどうして大切なんだろう?

Package 13
特別支援学級/通年 みんなと仲よく生活するにはどうすればよいのだろう?

あとがき

田沼 茂紀
國學院大學教授
新潟県生まれ。上越教育大学大学院学校教育研究科修了。國學院大學人間開発学部初等教育学科教授。専攻は道徳教育学、教育カリキュラム論。
川崎市公立学校教諭を経て、高知大学教育学部助教授、同学部教授、同学部附属教育実践総合センター長。2009年より國學院大學人間開発学部教授。同学部長を経て現職。日本道徳教育学会理事、日本道徳教育方法学会理事、日本道徳教育学会神奈川支部長。
[2021年7月現在]

過去に見た商品