これから教壇に立つあなたに伝えたいこと

これから教壇に立つあなたに伝えたいこと

セール価格1,760(税込)
- ポイント/円 還元

(税込)

樋口 万太郎/著

数量:
在庫あり

樋口万太郎先生のあまり語られてこなかった「授業観」「学級観」が詰まった1冊。
プロの教師になるための46のメッセージ

なぜ、教師になったのか?
授業をつくるとはどういうことか?
子どもと接するときに大切にすべきことはなにか?
プロの教師になるための46のメッセージ


本書では、
・教育実習生
・1~3年目の先生
という先生だけでなく
・若手を指導する先生・教育実習生を指導する先生・ミドルリーダーの先生
を対象に書かれています。

「少しでも気持ちが楽になってほしい」
「教師力を高めてほしい」
そんな想いがつまっています。

著者は、これまでにのべ540人の子どもたちを担任し、4人の初任者の先生を指導してきました。そのほか、約70名の教育実習生を受けもってきました。
さらに、学習会やセミナーで登壇し、著書も多数執筆しています。今、教育界で最も勢いのある先生です。

そんな著者が、これまで培ってきたノウハウや、教育実習生からの生の声をもとに、プロの教師になるためのメッセージをまとめました。

自身の教育実習生時代のエピソードを交え、心温まる内容です。



みなさん、こんにちは。樋口万太郎です。
早いもので、教職17年目に突入しました。これまで、永遠の若手とずっと言っ
ていたのですが、それを言うのが何か恥ずかしくなってきました…。
これまでにのべ540人の子どもたちの担任の先生をしてきました。
4人の初任者の先生を指導してきました。約70名の教育実習生を受けもってきました。
そして、ありがたいことに様々な所に呼んでいただき、学習会やセミナーで話をさせてもらい、数えきれない先生に出会うことができてました。
そういった中で、最近よく思うことは、先生たちは本当に頑張っている! もっと自分を褒めよう!ということです。教育実習生や若手の先生たちを見ていて、自分が教育実習生や若手の頃よりも数倍優秀です。これは皮肉ではなく、本音です。本当に一生懸命に取り組んでいます。

ただ、私が1年目のときのように「失敗を許してくれる」という雰囲気が教育現場にないのも事実です。日々消費されていく…という感覚すら最近はあります。
だから、疲弊していく先生たちを見ることが本当に辛いです。ただ、
「少し見方を考えると楽になるのに」
「もう少し他の考え方を知っていると楽になるのに」
といったようにも思っています。
そこで、本書では
・教育実習生
・1~3年目の先生
という対象の先生だけでなく
・若手を指導する先生・教育実習生を指導する先生・ミドルリーダーの先生
といった「指導をする先生」も対象に、私の考えを伝え、
「少しでも気持ちが楽になってほしい」
「教師力を高めてほしい」
というねらいからこの本を執筆しようと決めました

そこで1章では、私のベースとなる「先生になるまでの教育実習時代の話」を初公開します。私は決して、優秀な教育実習生ではありませんでした。きっと勇気をもらうことになるでしょう。
そして、2章からは、私が先輩から教わってきたことや、子どもたちから教わったことをもとに、よく若手の先生や実習生に話をしていることをまとめました。
章の最後には、私が運営している LINE グループ「学生とまなぼうず」で募集した学生のみなさんに心に響いたエピソードをコラムとしてのせています。
本書は目次を読み、気になったパートを読み始めても大丈夫です。本書が誰かの支えの一助になることを願っています。

樋口万太郎

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。