3かいなかしたろか

3かいなかしたろか

セール価格1,430(税込)
- ポイント/円 還元

くすのき しげのり/作、石井 聖岳/絵

数量:
在庫あり

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
H
H.Y.
子ども達との読み聞かせを通して

クラスの子どもに読み聞かせをしました。以下、感想の一部です。

○題名にもなっている『3かいなかしたろか』の意味が最後に分かった時、やさしい気持ちになれました
○くすのきさんの『おこだでませんように』も読んだことがあるけど、主人公の男の子が自分とも似ていておもしろい
○最初、なんだかイヤな友達だなって思いながら聞いていたけど、結末がとても良かった
○かんさい?の言葉が聞き慣れなくて面白かった。先生ヘタクソだった笑

教室で共に学ぶ友達について、軽快な話の展開やリズムと、子供らしい表現で描かれています。子ども自身に読ませても、みんなで読み聞かせをしても、それぞれの楽しみ方ができて、学校がもっと好きになる!

この度は当ショップでのご購入ありがとうございます。
子どもたちの感想ありがとうございます!とても励みになります。
「3かいなかしたろか」と石井聖岳さんの絵はとてもマッチしていて、子どもたちも共感しやすいですよね。

作 くすのき しげのり × 絵 石井 聖岳 
“笑い合えたら、友だちのはじまり”
初めて隣の席になったたかのりくん。
ちょっと偉そうなところが鼻につくのだけど、
ぼくは言われっぱなし。
ある日の休み時間、たかのりくんの顔にボールがぶつかり、
あのたかのりくんが泣きじゃくっていた。
今、ぼくにできることはなんだろう。
気づくとお腹の底から声が出て——。



・・・
学校がもっとすきになるシリーズ 2022 全3作同時刊行!
『3かいなかしたろか』
『わたし、わすれものがおおいです。』
『いち・にの・さんかんび』
勉強が好き。スポーツが好き。絵が好き。音楽が好き。
子どもたちは学校で、たくさんの好きなことを見つけます。
好きという気持ちから、個性的な未来が始まります。
でも、どの「好き」だって
最初は「学校が好き」という気持ちから始まるのだと思うのです。
東洋館出版社の「学校がもっとすきになるシリーズ」では、
子どもたちに学校という場の魅力を伝えていきます。 
今回刊行する3冊は、どれも学校生活の中でのささいなハプニングが舞台。
子どもたちが成長し、信頼を深め合っていくのに
大きな事件は必要ありません。
ちょっとしたことがきっかけで変化が生まれていく様子に、
読んだ子どもたちそれぞれの日常が重なっていく、
そんな作品をお届けします。

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。