最高のクラスになる漢字プラクティス

最高のクラスになる漢字プラクティス

セール価格1,980(税込)
- ポイント/円 還元

鎌田賢二

数量:

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

漢字には、子どもの心を耕すきっかけが詰まっている!
遊び心たっぷりの手間暇いらず。
学級づくり 道徳授業 学級活動 休み時間 学級通信のネタにもなる!
やればやるほどクラスに笑顔が増える学び合いのレクリエーション、それが漢字プラクティス

[ダウンロード・コンテンツ]
4章「リファレンス編」で掲載した漢字やイラストのPDFを無料ダウンロードすることができます。


■漢字プラクティス・10の効能

①前向きな気持ちになれる
②心が少し軽くなる
③やさしい気持ちになれる
④他者の存在や多様性のおもしろさに気づけるようになる
⑤学ぶ楽しさを実感できるようになる
⑥これまで気づいていなかった自分のよさを発見できる
⑦自分も成長できると思えるようになる
⑧失敗続きでも前向きに進もうと思える
⑨よりよく生きる「見方・考え方」を働かせられるようになる
⑩なぜ、道徳の内容項目が大切さにされているか、その理由が腑に落ちる

本書に収録している「アイスブレイク編」と「リファレンス編」から漢字プラクティスを一つずつ紹介します。

[アイスブレイク01]学年配当漢字表を活用したプラクティス

グループで漢字を見つけるプラクティスで、漢字に対する興味・関心が高まる活動の一つです。
[対象学年]中学年以上
[所要時間]1回の時間は1分~2分
[準備物]学習指導要領掲載の「学年別漢字配当表」
[テーマ]「日」のついた漢字を探そう
[ルール]
①学年別漢字配当表のなかから「日」のついた漢字を探す。
②声かけ例「お日さまを探して明るくしよう」
③1グループ3~5人ぐらいで行う。
④横向けの日はカウントしない。
⑤「良」のように線が伸びていたり形の違う漢字は含めない。
⑥中学年以上でうまく探せそうにない場合には、1年生の漢字配当表で練習してから行う。
⑦探し出した数を出し合ったら正解を伝える。
⑧時間があれば他学年のものに挑戦する。
⑨感想を伝え合う。
プラクティス後に感想を発言してもらうと、「1年生の漢字って『日』が入っている漢字が多いね」「いろいろな見方があっておもしろい!」といった声があがります。

[リファレンス13]
 この女の子に何があったのでしょう。それがどんなことかはわかりませんが、悲しい気持ち、不安な気持ちでいっぱいです。そんな姿を見かねて男の子がそっと寄り添って慰めていますね。
この女の子の「悲しい気持ち」と男の子の「寄り添う姿」を足し算すると、漢字1字になります。
どんな漢字になるか考えてみましょう。

さて、ページをめくると…

 答えは「優」です。
「憂」(悲しい気持ちや不安な気持ち)に寄り添う「人」がいる。だから「優しい気持ち」になれる。
優しくなるには、「人」の「憂い」に気づいてくれる誰かの存在が必要ですね。
そんな誰かでありたいものです。

「優」プラクティス例
[場面]道徳(授業の終末)
[内容項目]友情、信頼
[様式例]説話(この例では、イラストからではなく、「憂」の字からスタート)
教材に登場する真希さんに寄り添う圭一さんの姿に触れ、「友達っていいなぁ」と改めて思わせてくれるお話でした。そこでみなさんに漢字を1つ紹介したいと思います。(「憂」と板書します)
この「憂」は、「憂鬱」でも使われますから、落ち込んでいる様子を表していますね。この漢字の傍らに寄り添うように「人」という漢字をつけ加えてみましょう。どんな漢字になりましたか?(子どもたちから「きっと『優』だ」といった発言があるでしょう)
そうですね。「優」という漢字は、「憂い」(悲しい気持ちや不安な気持ち)に寄り添う「人」と書きます。
真希さんの不安な気持ちに寄り添おうとしていた圭一さんはまさしく「優しい」ですね。でも、圭一さんはなぜ優しくなれたのでしょう。もしかしたら、圭一さんも自分が「憂い」のときに、誰かが寄り添ってくれたことがあったのではないでしょうか。
悲しい気持ちや不安な気持ちをよく知っている人ほど、優しいのかもしれませんね。

 

即日配送・送料無料

1,500 円以上のお買い物で送料無料。24時間受付で営業日午前8:59までのご注文は即日発送致します。